2021年5月 更新 dynabook リカバリーディスク無しで初期化する/ハードディスクリカバリー

リカバリー関連

out_1

スポンサーサイト

リカバリーディスクの有無

リカバリーディスク無しでリカバリーするという意味は2つあります。

1つは「付属のディスクが無いタイプ」の機種でハードディスクからリカバリーをするものです。

即ち、HDDリカバリーになります。

そしてもう一つは「ディスクを紛失した状態でリカバリーできるか?」です。

今回ここで説明するのは前者の添付のディスクが無いタイプである(HDD)ハードディスクリカバリーになります。

リカバリーディスクが付属されてないタイプはHDDリカバリータイプと言って予めパソコンの中にリカバリーシステムが組み込まれています。

いつでも初期化できますので、便利と言えば便利です。

リカバリーディスクの使い回しができるのは法人モデル添付品(windows プロ)だけです。

後者のディスクを紛失された方や予めリカバリーディスクを作成していなかった方は基本的にはリカバリーできないと思ってください。

その場合はメーカーであるdynabook 社に確認する必要があります。

【参考情報】

2016年以降のモデル(windows Home個人向け)はリカバリーライセンス管理が厳しくなりましたので、昔のように簡単にリカバリーできなくなりました。

充分理解しておきましょう。

2021/5 更新 dynabook「このリカバリメディアはあなたのパソコンでは使用できません」とガイダンスがでる/リカバリーできない
リカバリディスクの仕様 法人の「windowsプロ」エディションではなく、個人向けの「windowsホーム」エディションをお持ちの方などが多いですが、ホームの場合は「dynabookリカバリーメディアクリエーター」というソフトで事前に続きを読む

リカバリーエリア確認方法

自分のPCのハードディスクに該当のリカバリーエリアがあるか?を確認ください。

「コントロールパネル」→「管理ツール」→「コンピュータの管理」→「ディスク管理」で確認できます。

下記の領域があれば、リカバリーディスク無しで初期化可能ですし、東芝のノートPCのコンシューマモデル(個人用)などはほとんどこのタイプになります。

rec_5

HDDリカバリーのやり方

まずは「F12キー連打」の方法がやりやすいと思います。

※メニューを出したい方は「F12」を起動時(電源を入れて)直ぐに連打してください。

下のF12の方が分かりやすいかもしれません。

 

F12キーの起動メニュー

F12キーの連打の際、下記のようなブートメニューがでますので、一番したのHDD RECOVERYを選んでも良いです。

後はガイダンスに従って初期化してください。

2016年以降のwindows10のマシンを利用されている方はほぼ画面は同じなので下記の記事を参照ください。

2019年版 初期化 HDDリカバリー(ハードディスクリカバリー)dynabook G83とdynabook V72
モデル機種:dynabook G83/M PG83MTJCG37AD21 カタログ HDDリカバリー のメニューに変更あるか?調べてみました。 dynabook G83のリカバリーメニュー 愛用のdynabook G83/続きを読む

リカバリーが起動しない方、成功しない方へ

windows8/8.1やwindows10になって起動の仕組みが変わっています。

完全シャットダウンしなければ上記のように「0」ブートしないので、下記の注意事項を参照して、再チャレンジしてください。

2019年版 windows10及びwindows8/8.1のマシンをリカバリーする場合の注意点 完全シャットダウンを実行

 

大名武久
大名武久

リカバリーディスクは作っておいた方が良いですよ

リカバリーディスクの作り方

(参考)

 

必ずやってください!東芝dynabook RX82/ABP バックアップ・リカバリーメディア(USBメモリ)の作成
ドライブが無いモデル このモデルにはDVDドライブが付いていませんので、DVD-Rのようなリカバリーディスクではなく、USBメモリで作成しなければなりません。 以前の機種であれば、付属品として添付されていたリカバリーディスクです続きを読む

dynabookリペアパーツを探す

下記のバナーからリペアパーツを探せます。

自分で修理してみたい方は是非チャレンジしてみてください。

ダイナブック部品販売(リカバリーサポート)

タイトルとURLをコピーしました