東芝 ノートパソコン dynabook Satellite の初期化方法/リカバリー

リカバリー関連

ricov

リカバリー(出荷状態にする)の種類は大きく分けて5つあります。

機種が製造された時期にも依存しますが、東芝パソコンの場合、一般的には下記の①と②がスタンダードです。

①CD/DVDディスクリカバリー方法
②ハードディスクリカバリー方法
③USBでリカバリーする方法
④ブートメニューからリカバリーをする方法
⑤windowsから指定してリカバリーする方法

の合計5つの方法があります。

スポンサーリンク

CD/DVDディスクリカバリー

CD-ROMまたはDVDからリカバリーを行うことです。

方法は予めドライブにリカバリーディスクをセットし「C」キーを押下した状態で電源ONします。

dynabookまたはTOSHIBAロゴがでたら指を離してください

※windows8/8.1/10の場合
シフト+シャットダウン → 完全シャットダウン
をしなければリカバリー起動しません

dynabooklogo2

まずはご自身のモデルが何なのかを確認ください。

確認の方法は下記を参照してください。

l21_9

ハードディスクリカバリー

ハードディスクに格納されてあるエリアからリカバリーを行うこと

方法は「0(ゼロ)」キーを押下した状態で電源ON

dynabookまたはTOSHIBAロゴがでたら離してください。

【注意】windows8/8.1やwindows10の方は下記を参照

(初期化)windows10及びwindows8/8.1のマシンをリカバリーする場合の注意点 完全シャットダウンを実行

book_35

USBメモリからリカバリー

リカバリーエリアをUSBに作らなければできませんが、機種が新しいとこういう方法もあります。

USBを刺して下記のブートメニュー(起動時+F12連打)から起動するやり方です。

mx14

USBメモリでリカバリーしている記事
https://dynabook.biz/recovery/3462

東芝 Toshiba dynabook MX/43KWH のHDD換装 ヘックスレンチでSSD化
重いPCは軽量化する dynabook MX/43KWH (PAMX43KNGWH)  この機種はCore2DUOを搭載し、比較的薄型に作られています。 もちろん、ネットブックなのでドライブは未搭載です。 しかし、重続きを読む

メニューからリカバリー

起動時にF12を連打すると下記メニュー(機種に依存)がでますので、そこから選ぶ方法もあります。

recov

参考情報

(動画あり)初期化して出荷状態に戻すメニュー F12の連打 2013年~
2013年を境にリカバリー方法もいろいろ変わったのかな? 「C」ブート、「0」ブートなどのリカバリー方法あるが、最近はF12連打を使うようになった。 電源ON→F12を連打 このやり方が良いかもしれない? 動画 続きを読む

windows上からのリカバリー

比較的新しいwindows8/8.1などになるとソフト上からハードディスクリカバリーを起動できる仕組みもあります。

どの画面からでも良いので右端下にマウスを合わせます。

もしくは「windowsキー」+「I」キーを押すと「PCの設定変更」ボタン(下記)がでます。

m1

設定を合わせます。

m2

PC設定の変更」を選びます。

m3

上記を選んで、左メニューの「保守と管理」→「回復」→Windowsを再インストールする”項目の「開始する」ボタンをクリックします

するとハードディスクリカバリーが開始されます。

windows8とwindows8.1とは若干画面が異なるので下記のページを参照ください。

Windowsが起動した状態でリカバリー(初期化または出荷状態)する方法
現在の機種は様々な方法でリカバリー(初期状態)できます。 ここではWindowsが起動した状態でリカバリー(初期化または出荷状態)する方法を説明しています。 これはどういう場合に使うか? ・キーボードが使えなくなった場合に続きを読む

HDDリカバリーエリアの調べ方

コントロールパネル」→「管理ツール」→「コンピュータの管理」→「ディスク管理」で下記画面になります。

下記(赤枠)のようなHDDRECOVERYや復元領域があればHDDリカバリモデルですから、ディスクが無くてもリカバリーができます。

ただ、設定されているOS(windowsの種類)が何であるかは確認きません。

調べたい場合は下記のサイトで型番から仕様を確認ください。

http://dynabook.com/pc/catalog/support/search/howto.htm

5

ダイナブック部品販売(リカバリーサポート)

タイトルとURLをコピーしました