(2012年版~)東芝パソコンのリカバリーディスク作成の考え方

リカバリー関連

recov_1

スポンサーリンク

自分でリカバリーディスクを作成する

現在、ダイナブック、サテライト、コスミオなど東芝パソコンのほとんどがハードディスクリカバリーモデル(HDDリカバリー)になっています。

テクノロジーの進化と生産コスト削減のため、メディアの価格を削減したのでしょう。

それと、パソコンの大容量化もその理由の1つです。

では、HDDリカバリーということを知らない方のために、少し説明しておきます。

HDDリカバリー

もともとリカバリーディスクとはセットアップされたパソコンのOSをイメージ化してCDに焼き付けたものです。

それを「C」キーブート(起動)でディスクからインストールすることを「リカバリーする」または「出荷状態にする」「初期化する」などと言います。

昔はHDDリカバリーという技術が無かったので、CDからBOOT(起動)して、インストールすることが一般的でした。

それがテクノロジーの進化とHDDの大容量化でHDD内にそのイメージをシャドウ化して、BOOT(起動)させるという技術が生まれたのです。

それが俗にいう「HDDリカバリー」というものです。

ただ、このようなモデルではHDDの物理障害が起こった時が面倒です。

ですから、リカバリーディスクを自分で予め作成しておくことを勧めています。

自分で作成するメリット

リカバリーディスクを作成するメリットは以下の通りです。

1,自分でHDD(ハードディスク)を交換したい方

2,パソコンを修理したい方

従ってリカバリーディスクは標準ツールのリカバリーディスククリエーターで必ず作成するようにしてください。

ここではその考え方をツールなども含め説明しています。

是非、参考にしてください。

尚、リカバリーディスクを作成しても、自分の保存したデータはリカバリーディスクには絶対書き込まれませんのでご心配なくお願いします

作成できるか?否か?

リカバリー領域があるか?ないか?

※確認方法

コントロールパネル → 管理ツール → コンピュータの管理 → 左側メニューの「ディスク管理」を選ぶと下記の画面になります。

リカバリークリエーターの仕組み

下記のイメージのHDDRECOVRYというエリアがイメージ化されたエリアです。

hddrecov1

リカバリディスクは、「リカバリメディア作成ツール」を使用ってこのエリアをBootableディスクとして焼付けます。

作成方法は下記の順番になります。

【注意】

「リカバリーメディア作成ツール」がパソコンの「プログラム」(メニュー)にある場合はこのまま読んでください。

もし、無い場合はセットアップしなければなりません。下記のサイトを参照してください。

(リカバリーディスク作成)dynabook R731/38DK シャンパンゴールド windows7マシン

例:windowsXPの場合

「リカバリー作成ツール」を選ぶ。(メニューに無い場合は③から初めてください)

desktop0

下記のウィンドウが出たらメディアを入れて「書き込み」ボタンを押します。完了枚数分終了したら、出来上がります。

desktop01

以上

例:dynabook(windows7)

プログラムメニューの中に「リカバリーディスク作成」や「リカバリークリエーター」など、生成ツールが必ずあります。それを選んでください。すると、下記写真のようにガイドされます。

recov_1

②でメディアで選べますので、選んだ記録メディアを使用するようにしてください。

①で作成が開始されます。

このようににしてリカバリーディスクを作成するようにしてください。

dynabook(windows8/8.1)

dynabook T552系のリカバリーメディアクリエーター

(リカバリーディスク作成)東芝 Toshiba dynabook T552/36HB windows8マシン

t552_1

dynabookのリペアパーツを探す

再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(東芝パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました