PC セルフリペアとは

スポンサーサイト

PC(パソコン)セルフリペアとは

ここで言うPC(パソコン)セルフリペアとはメーカー製パソコンを自分で修理するということです。

パーツを組み合わせてオリジナルパソコンを作ったりすることも含まれますが、ここでいうPCセルフリペアとは異なり、本来専門の修理スタッフが行う修理を自分でする行うことを言っています。

パソコンの修理はメーカーの専門修理スタッフが故障個所を確認して行うのが一般的ですが、テクノロジーの進化とインターネットの普及でパーツ交換の情報収集から部品購入まで個人で行えるようになったからです。

これが近年PCセルフリペアを後押しする一番の要因になったのだと思います。

このようにPCセルフリペアの考え方が一般化された理由に下記の3点が挙げられます。

1,パソコン依存型社会になり、トラブルやメーカーへの修理期間はビジネスの機会損失を招いてしまうため自分で行うようになった

2,重要情報が入ったパソコンを外部の修理スタッフに預けることでリスクを負ってしまうため、自分で行うようになった

3,ネットショッピングが普及することで部品が購入が安価で容易にできるようになったため自分で行うようになった

デメリット

簡単になったとはいえ、パソコンはいつの時代でも精密機械には変わりません。専門スタッフ以外の修理は大きなリスクを負い、最悪は2次トラブルを招いてしまいます。

カバーを開ける時の「ネジ舐め」、交換時に発生する「静電気のショート」、ネジの締め忘れなどが原因の「破損」など、不意のトラブルと隣り合わせということも忘れてはいけません。

では、安全に行うためにはどうすれば良いでしょうか?

安全に行うには

このサイトでは安全にPCセルフリペアを行うためにいろいろな注意点を纏めています。

実際に自分で修理してみようと思った時点で参考にしてください。

「よし!行ける!」と思えるように予め情報収集し、きちんと準備してチャレンジすることが最も成功への近道だと思います。

是非、チャレンジしてみてください。

注意点/落とし穴 まとめ

それぞれの分野(液晶、マザーボードなど)で注意点も様々です。

「安物買いの銭失い」にならないように是非情報収集してからチャレンジしてください。

分からないことなどがあれば問合せフォームからお問合せください。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました