注意!dynabook R63/UのマザーボードをR63/Mに移植してもマウスが使えない!

dynabookを知る比較

スポンサーサイト

マザーボード移植が危険!

dynabookでもロングセラーの機種は見た目同じもしくはマイナーチェンジしているだけなので、「ほとんど同じやろ!」と思いがちです。

特にマザーボード移植は誰だって考えますよね。

ただ、テクノロジーの進化は見えないところで沢山あります。

見た目同じでも中身は全く違っているのです。

R63/UとR63/M

今回は特に問合せが多かったR63/UとR63/Mのマザーボード移植です。

R63/M(2019年モデル FHDモデル)が逝ってしまうトラブルが多く、何とか生かしたい?ということでR63シリーズのマザーボードを利用できないか?というものです。

価格帯から言えばR63/Uとか、R63/DがM.2のSSDを搭載し、比較的市場に台数があるため、このマザーボードを使いたいという方が多いです。

やってみました。

R63/Uのマザーボードを外します。

そして、R63/M(FHDモデル)のボディに付けます。

普通に立ち上がります。

BIOSも立ち上がります。

OS(windows)が立ち上がらないのですが、これはドライバーの読み込みの問題ですので、一旦電源長押しでシャットダウンすれば解決します。

もう一度、起動すればFHDの画面がでます。

(注意)マウスパットのテクロジーが異なる!

マウスパットの当たりが熱くなります。

分解すると、ケーブルがショートして焼けています。

ケーブルが異なるみたいですね。

ケーブルをR63/Uにしても動きません。マウスの仕様が違うみたいですので、失敗です。

マザーボード移植をお考えの方はこの組み合わせNGです。

R63/Mの資産を継承したい場合はR63/DN以降ですね。

結論

dynabook R63/M~(R63/DN R63/N など)から仕様が異なります。

以前、まとめたものがあるので、参考にしてください。

ゴム足編 dynabook R63シリーズのパーツ流用可能な世代間比較
R63の似たり寄ったりが多いですが、今回はゴム足編です。 dynabook R63シリーズのリリース順は下記なりますが、ある規定でゴム足が変わっています。 R63リリース順 R63/P(2015年2月)第5世代 R6続きを読む

詳しくは分かりませんが、R63/Mを堺にパーツが変わりましたね

タイトルとURLをコピーしました