パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

総合ページ 東芝 パソコン リカバリー 方法

recov_01

2019年版 リカバリーディスク作成手順からリカバリー方法までいろいろまとめていますので、参考にしてください。

リカバリーディスクを作成する

Dynabook(旧東芝)専用のツールであるdynabookリカバリークリエーターを使ってリカバリーディスク(メディア)を作成します。

パソコン内部のリカバリーディスク作成用に作られたエリアを単純にディスクに書き込みバックアップとして保管しておけば非常に便利です。

2013年以降からはほとんどこの方法で作成することになっています。

これをしていないと故障時にメーカー修理になり、セルフメンテナンスができません。

余分な出費を控え、修理費用を削減したい方は是非実施ください。

リカバリークリエーターがインストールされていない場合
(windows7の場合)
https://dynabook.biz/recovery/5900/
(windows10の場合)
https://dynabook.biz/recovery/20383/

ディスクを使ってリカバリーを行う

電源が入っている時に予めドライブにリカバリーディスクを入れて完全シャットダウンしてください。

起動時に「C」を押したまま電源を入れ、dynabookロゴがでたら押していた「C」キーを手から放してください。

するとドライブのディスクが動き出しリカバリーが始まります。

簡単な手順ですが、「C」の手を放すタイミングがポイントです。

動画で解説

ハードディスクリカバリーをする

予め初期化用に作成されたパソコンのHDDエリアを使って初期化することを「HDDリカバリー(ハードディスクリカバリー)」と言います。

HDDリカバリーを行うにはキーボードの「0」キーを押しながら電源を入れてください(画面にdynabook「ロゴ」がでたら、押していた「0」キーから手を放してください)

またはキーボードのF12を連打してBoot menu(ブートメニュー)からHDD Recovery を選ぶ方法があります。

どちらでも同じ結果ですので、安心してください。

画面がリカバリーの画面に遷移します。

参考ページ(F12起動)

動画で解説

 

 

 

スポンサーリンク



リカバリーディスクを紛失した場合

2019年11月現在、リカバリーディスクを紛失した場合は下記の方法があります。

但し、法人モデル以外は添付ディスクが付かないモデルになりますので別途購入が難しいです。

方法1、dynabook安心サポートに相談する(持込リカバリーサービスがあるはずです)

方法2、ヤフオクやメルカリなど不要分のディスクを個人売買する。

方法3、処分品のディスクを探す(こちら

下記を参照ください。

2019年11月更新
東芝ノートパソコン リカバリーディスクの入手方法

windows8/8.1/10のホームエディションの2016年以降の機種は注意が必要です。

ヤフオク等でDVD-Rで販売されてある方がいますが、モデルによってはタグコードが埋め込んであり、リカバリークリエーターで作成(DVD-R)が他の機種で使えないという事象が多発しています。

ご購入の際は下記を一度読んでご決断ください。

添付ディスクを紛失

ただし、添付ディスクを紛失したということであれば、添付されている以上、どこかにあります。

下記の処分品を探してみてください。

リカバリー実施時のメニュー

パソコンを初期化(リカバリー)する過程の中で途中下記の項目を選ぶ場所があります。

①ハードディスクの消去
②リカバリーウィザード(TOSHIBA Recovery Wizard)
③ファイルのレスキュー(TOSHIBA File Rescue)

以前はパーティションを変更できましたが、2016年以降は下記に変わっていますね。

ここで②が通常リカバリーになります。

【2019年10月】

ハードディスクリカバリー領域の移動(HDD換装)

HDDRECOVERY領域の移動はやや難しいです。

単にディスクコピーだけであれば、ブート(起動)できません。

HDDのMBR情報もコピーできるツールでディスクコピーできれば移動は可能ですが、ディスク容量や種類など、上手く行かないケースも多々あります。

実験していますので、下記ページを参照ください。

参考ページ
検証2 HDDのリカバリーエリア(DtoD)を丸ごとコピー

他シリーズのリカバリーディスクを利用する

2015年以降は他のリカバリークリエーターで作成したディスクを利用できません。

(それ以前の機種は可能です)

(利用実績)

d0242637_1059523

どうしてもリカバリーディスクが入手できない時

これは製造メーカーのサポートに頼るしかありません。

dynabookサポート(リペアセンター)に持込修理でリカバリー可能です。

ただ、どうしても修理に出したくない場合はパッケージ版のwindowsを購入し、関連ドライバーを下記からダウンロードしてください。

windows10の場合はドライバー組み込み無しでそのまま使えると思います。

※同じ型番のリカバリーディスクも使えない?
https://dynabook.biz/recovery/16114/

リカバリーディスクを販売してよいか?

リカバリーディスクのライセンスはdynabook株式会社(旧東芝)にあります。

販売はdynabook株式会社(旧東芝)もしくはdynabook株式会社が許可した販売店のみになりますので、それ以外での販売は違反になります。

しかし、上記でも説明していますが、メーカーが販売していないので、そのへんは個人的には否定も肯定もしまんせん。

添付品や付属品の処分を目的とした販売であれば違法ソフトではないため、利用するか?しないか?は購入の判断になります。

ただ、リカバリークリエーターで作成したものを販売目的で販売する行為はメーカー規定で違反に抵触します。

従って、dynabook社から訴えられた場合は負けることは間違いないでしょう。

参考ページ
リカバリーディスク(販売)のライセンスについて

海外モデルのリカバリ方法

海外モデルの場合は国内版とは違い「」キーや「C」キー起動ではなく、メンテナンス画面がブートするケースが多いです。

参考ページ:ハードディスクリカバリー

参考ページ:USBメディアからのリカバリー
東芝 海外モデル Satellite L15-B1330をUSBメディアで出荷状態に戻す

world

リカバリーしたときにエラーがでる場合

参考ページ
東芝パソコン リカバリーメニューがでず、正常起動してしまう場合 windows8/8.1
ダメだな。ドライブの故障とか、HDDのセクターが破損しているとか、MBRの破損など、ソフト、ハード的なトラブルの場合もある。

参考ページ
このリカバリーメディアはあなたの機種では利用できません」とガイダンスされる

リカバリー終了後にエラーがでる

リカバリークリエータで作成したディスクを使ってリカバリーした後、最後のディスクを読み終わって下記の画面がでました。

これはハードディスクの故障というケースが多いです。

HDDを変えて試してみてください。

HDDを交換しても出る場合はマザーボードの原因ですので、修理が必要です。

(エラーメッセージ)
ERROR:10-FC04-000D 初期インストールソフトウェアの復元に失敗しました。[OK]ボタンを押すと終了します

error

リカバリーディスク販売サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。
パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで必ず愛着がでてくるものです。
そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。
旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック部品販売(リカバリーサポート)

公開日:
最終更新日:2019/11/22