HDDリカバリーができない時一度リカバリーディスクを作成してみる(HDDリカバリーエリアの確認)

リカバリー関連

windows10の無償アップグレード期間中にアップグレードされてしまったdynabookはそのままHDDリカバリーをするとシステムが動かない場合があります。

元の状態(windows7 or windows8.1)に戻したいという方は下記のように一度リカバリー領域が残っているか?確認して、リカバリーディスクを作成してからリカバリーしてみてください。

スポンサーリンク

作成方法

下記はwindows8.1 UPdate64ががwndows10に無償アップグレードされてしまったSatellite B35/Rです。

画面はシステムはwindows10になっています。

リカバリーエリア有無の確認

windows10です。

「windows システムツール」→「コントロールパネル」

右上の「表示方法」で大きいアイコンに変えて下記の「管理ツール」を選びます。

「コンピュータの管理」

残ってれば下記「Recovery」という領域があるはずです。

有ればリカバリーディスクを作れるかもしれません。

リカバリークリエーターを使う

Dynabook(旧東芝)リカバリークリエーターがインストールされていない場合はアプリケーションの再インストールでDynabookリカバリークリエーターをインストールしてください。

スタートメニューから「アプリケーションの再インストール」を選びます。

アプリケーションの再インストール画面がでますので、「セットアップ画面へ」で進んでください。

TOSHIBA Recovery Media Creator」を選んでください。

続きは下記サイトにあります。

このB35/Rは直接HDDリカバリーシステムは動きませんでしたが、リカバリーディスク作成ツールは動き、windows8.1に戻せました。

(動画あり)東芝 Toshiba Satellite B35/R R35/M B45 B65 B75 AZ15/A リカバリーディスク作成方法
リカバリーを実施したい方は下記を参考にしてください。     HDDリカバリーで初期化したい方 作ったディスクで初期化したい方 リカバリーディスク作成方法 パソコン初心者の方は必ず続きを読む

作成時をビデオ撮影しているものもあります。参考にしてください。

※購入後にやって欲しいこととして、リカバリーディスクを作成することがあります。その時に操作方法などビデオにしていますので、それを参考にしてください。

以上

タイトルとURLをコピーしました