(キーボード修理)キー1つだけ(動画有り)dynabook B45 B55 B65 Satellite B35

キーボード交換/修理

パンタグラフ取り付けからキートップの取り付けまでを説明します。
※パンタグラフとは:キーボードのキートップ(文字の書いてある表の部品)の下にあり、「バネ」の役割をしています。
部品の名前が分からないという方はこちらの記事をご参照下さい。
https://dynabook.biz/keyboard/23970/

対象はSatellite B35 dynabook B45 B55 B65シリーズです。

スポンサーリンク

パンタグラフの取り付け

キーボードのキートップ(文字が書いてある表面の部品)をはずすと、2枚1組のパーツが合体したプラスティックの部品があり、「パンタグラフ」と呼びます。

パンタグラフは小さな部品です。方向を間違わないようにしましょう。
パンタグラフは閉じた状態で取り付けて下さい。
閉じた状態では、2枚のパーツがピタッと組み合わさって平らになっています。
パーツが半分回転した状態のまま取り付けないよう注意して下さい。

上の写真を見て下さい。

1.(外)と(内:ピンクで囲んだ部分)の2つのパーツが組み合わさっています。
2.緑の穴(4つ)・・本体との接続用
3.赤の突起(2つ)、青の穴(2つ)・・キートップとの接続用

このモデルでは、赤の突起がある方が「下」です。
(内)が(外)に乗っかっている(長く見える)側が「表」です。

※上下に関してはキーボードの種類により様々です。突起のある方が「上」のモデルもあります。
本体の「爪」の形状を見て判断して下さい。

準備

パンタグラフの取り付けは細かな作業です。うまく取り付けるための作業のポイントをご紹介します。
1)明るい場所で作業する。
2)ピンセット、小さなドライバ、拡大鏡などの道具を準備(可能な範囲で良いです。)
3)小さな部品なので、急がず少しずつ様子を見ながら作業を行う。

修理全般に言える事ですが、パソコンは精密機械ですので、緩衝材になるものを下に敷いて作業すると安心です。

また、キー修理のついでに、中をきれいにしてあげると更に良いです。ダスターや小さなブラシがあると便利でしょう。

PCは丁寧にきれいに使えばぐんと長持ちします。

実際にやってみましょう。

本体とパンタグラフは上のような位置関係になります。
取り付ける時は、パンタグラフの「穴」に本体の「爪」をそれぞれ入れていきます。

①最初に「下」から取り付けましょう。(本体の爪を良く見て上下裏表を間違わないように!)
本体下の2つの「爪」にパンタグラフの2つの「穴」を同時に入れて、動かないように押さえます。

②パンタグラフの「上:黄色」の「穴」を本体上の「爪」に1つずつ入れていきます。
写真のように小ドライバーなどで優しく上方向に滑らせるように入れるのがコツです。

※強引にねじ込んで本体の「爪」を折らないようにだけ気を付けて下さい。

両側がうまく入ったら、小ドライバーなどでしっかり押さえます。

このように外側と内側のパーツがスムーズに連動して動く事を確かめて下さい。

爪折れ注意!

細かい作業ですが、丁寧に!

パンタグラフが壊れたらまたやり直せますが、本体の「爪」を折ってしまったらやり直せません。この場合はキーボード丸替えしか道がなくなります。
(もともとは修理に出せば「キーボード丸替え」しか選択肢はないのですが..)

キートップの取り付け

パンタグラフをつけたら次は「キートップ」です。

キートップを裏返してみると「爪」が4つあります。
このモデルでは、上の小さな2つは間隔が狭く、下の大き目の2つは間隔が広く配置されています。
※キーボードのモデルにより形状は異なります。

取り付ける場所は上(赤、黄色)の爪がパンタグラフの内側の穴に差し込む形になります。
また下(青、ピンク)のちょっと大きめの爪はパンタグラフの突起を引っ掛けるイメージです。
取り付けは下(突起側)⇒上の順番です。

実際にやってみましょう。

キートップの下の爪は後ろ側が空いており、前のストッパーで止まるようになっています。

①下の爪2つにパンタグラフの突起を引っ掛けるイメージで斜め方向に差し込み、後ろへ少し押します。

②下がはまった感触を感じたら、次は上の爪を下方向に押し込んでいきます。強引に押し込まず、様子を見ながら少しずつです。微妙に位置をずらしながらうまくはまるポイントを探して下さい。

③カチッとはまったら完成です。

キーが問題なく打てる事を確認してください。

※SPACE、ENTER、SHIFT、+、0キーなどワイヤーが2本以上ついているキーは取り付けが少々難しいです。
下の動画(SPACEキー)をご参照下さい。

動画で確認

dynabook B35 B45 B55 B65の場合(ビジネスモデル)

特殊キー(ワイヤーキー)の場合(SPACEキー)

 

壊れたキーの取り外し方が分からない方はこちら

別の機種

dynabook R634 R63シリーズの場合(モバイルPC)

別のモデル(R634 R63シリーズ)の修理方法はこちら

https://dynabook.biz/keyboard/18690/

機種(モデル)が分からない場合はこちらを参考にして下さい。

dynabook モデルや型番の調べ方 基礎知識編(保存版)202006
東芝ダイナブック、サテライトシリーズのパソコンのモデルや型番などがわからない時の調べ方を紹介します。

 

部品はこちらからご購入いただけます

再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55用キーボード パンタグラフ単品販売
再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55用キーボード パンタグラフ単品販売
再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55 B65用 キートップ部品 単品販売
再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55 B65用 キートップ部品 単品販売
タイトルとURLをコピーしました