パンタグラフ、キートップの代用品を探す

キーボード交換/修理

スポンサーサイト

代用品を使う

キートップを探しているが見付けることができず代用品を探していると仮定します。

その鉄則はパンタグラフが同じものを探すことです。

そうしなければキートップは使えません。

キーボードの土台にパンタグラフを付けてその後キートップを付けるからです。

ただ、パンタグラフの代用品を探すにしてもこの部品(パンタグラフ)には互換情報など一切ありませんので、結局は目でみて探すしかないのです。

やや原始的ですが、パンタグラフはパソコン部品ではなく、キーボードの一部の部品ですから已む得ないと思ってください。

パンタグラフは代用可能

外観が違っても中のパンタグラフが同じキーボードも存在しますので、それを探せばよいだけです。

下記はその代用品を見付けた一例ですが、これは異なったメーカーの成功例です。

ほとんどが同じメーカー内ので機種の代用品です。

(参考)

探し方

数あるパンタグラフの中から見つけるのは至難の業ですので是非ITツールを使ってください。

グーグルの画像検索があります。

パンタグラフはできるだけアップに撮影した方が良いです。

グーグルの画像検索で類似のパンタグラフが見つかるか?パンタグラフを販売しているお店を探せばよいです。

右側に候補がでますので、1つ1つ確認してください。

注意しなければならないことは下記のように形が同じに見えても異なったパンタグラフもあります。

チャレンジリペア(一か八かのリペア)になりますが、安価ですのでダメ元修理と考えてやってみてください。

それが嫌ならメーカー修理が安心です。

以上

タイトルとURLをコピーしました