セルフリペアの注意点 dynabook R631 R632 液晶フレームを割らないようにするには

液晶パネル関連

スポンサーリンク

dynaboo R631 R632 液晶リペア

液晶交換の場合、失敗談として多いことが

「液晶フレームを分解するときにフレームを折ってしまう」ことです。

意外と多いです。

特に!このdynabook R631 R632の液晶フレームは薄いので、結構折ってしまいます。

こんな感じで折っちゃいます。

良くやる場所が下記です。

この場所が意外と薄いです。

ですから、ポキッ?とすぐなります。

これを防止するにはやはり慎重な作業しかありません

まずは薄いヘラで爪を丁寧に外していくことです。

下記のような分解工具を1つ持っていた方が良いと思います。

こんな感じで隙間に入れて少しずつ緩めていくのです。

分解用スチールヘラ オープニングツール(isesamo海外輸入)分解ヘラ
分解用スチールヘラ オープニングツール(isesamo海外輸入)分解ヘラ

良く折る箇所は下記のようなコーナーです。

→のように手前に引くと爪のロックが解除されます。

これをすると綺麗に外れます。

LTN133AT25-601 G83C00072110 です。

セルフリペアはちょっと間違えるとダメージが大きいです。

以上

タイトルとURLをコピーしました