第一回 dynabook R63/Y(1366×768 HDモデル)にR63/D(1920×1080 FHDモデル)の液晶を付けてみた

液晶パネル関連

HD(1366×768)モデルをFHD(1920×1080)にするには・・
基本的には液晶パネルをFHD用のパネルにしなければなりません。合わせて液晶ケーブルも同様にFHD用ケーブルを使わなければなりません。
パネルは同機種が使っている同メーカーと同仕様が確実に交換できますし、ケーブルもそのパネルにあったものを使用しなければなりませんので、FHD化は比較的難しいリペアです。
異なるメーカーや異なる仕様のものを取付たい場合は誰のブログで実施したものを参考にするか?購入業者に聞くことが重要です。だめ元で良ければチャレンジャーになっても良いと思いますね。
大名武久
大名武久

FHD化したいニーズは多いですね。

スポンサーリンク

dynabookのFHD化

今回は題名通り、HDモデルのdynabook R63/Y本体にdynabook R63/DのFHDモデルの液晶ユニットをくっつけるだけのレポートです。

第一回はベアボーン式パネルユニットのままつけてどうか?

FHD化はパネル、ケーブルのセット交換ですが、これがなかなかうまく行かないケースがあります。

ですから、最初からパッケージ化されているベアボーン式液晶パネルユニット(PC上半身と言われるもの)で簡単に交換してみます。

さて、結果は成功です。

結論を言えば、HDのマザーボードはFHDも表示可能ということですね。

では、ベアボーン式液晶パネルユニットをそのまま交換します。

交換実施

HDモデルは下記を利用しました。

dynabook R63/Y(PR63YBAA64EAD11)

HD液晶外し

HD(1366×768)の液晶を外し、ボディだけにします。

ヒンジ固定ネジ、wi-fiアンテナ、液晶ケーブルを外せば簡単に外れます。

FHDパネル外し

FHD(1920×1080)の液晶を外し、dynabook R63/Y(HDモデル)に装着します。

ここのwi-fiアンテナを外す

今度は液晶ケーブルも外します。

dynabook R63/D(FHDモデル)の液晶ユニットが外れます。

dynabook R63/Y(HDモデル)にそれを付けます。

ヒンジを固定します。

電源スイッチON!

正常にいきます。

おっと!バッテリー外しましたので、BIOS時間の設定です。

OSが立ち上がるとこのメッセージがでます。

FHD(1920×1080)完了!

こんな感じ?

あまり変わっていないです。

設定をみるとHD(1366×768)で設定されています。

これをFHD(1920×1080)に設定します。

アイコンが小さくなりました。

ブラウザー(エッジ)を起動すると「?、変わっていない」

自動で150%になっていました。

100%にしたらこんな感じで広くなります。

FHD液晶になりました。

注意

これはあくまでもdynabook R63/Yでの実験ですから、R63の全機種対応か?

分かりません。

液晶バージョンアップはリスクが必ずつきものです。

1回で成功!→幸運な方で私は何枚もパネルを無駄買いしていますが、好きだから耐えられます。

やはり失敗したら、何とも言えない脱力感がありますので、メンタル的にも注意し、充分検討して実施してください。

では!

dynabookリペア部品を探す

セルフリペアをやってみたい方!

下記で部品販売しています。

ダイナブック部品販売

タイトルとURLをコピーしました