その1 dynabook セルフリペアでしてはいけないこと

液晶パネル関連

スポンサーサイト

液晶ケーブル

私はセルフリペア歴20年くらいありますが、修理屋さんではありません。

ですから、凄腕のPC修理ユーチューバーの方などは凄いなあ~と思いますね。電気の知識もあり、難解な修理もクリアしていきます。

私の場合、基本的な自分のルールの中でできるだけリスクを負わないように楽しんでいるだけです。時々、「うっかり」ということも多々あり、破損することも多いです。

安く手に入りようになったとは言え、精密機械ですからね。

ただ、メーカーPCのリペアは基本なルールさえ守れば大きなトラブルもなく、楽しんで修理ができます。

絶対に素人考えで突っ走ってはだめです。

私の中でのセルフリペアの鉄則は同一モデルの部品を使うということです。モデルや機種が異なると過去いろいろトラブルが多かったです。

特に液晶系は多いですし、私が最も苦手としているところです。

今回もR63シリーズの液晶にB35/Rのケーブルを使って実験したら、一瞬にしてショートし、起動、通電もしなくなりました。

あり得るか?

あり得ます。過去、これでいくつもマザーボードをだめにしてきました。

赤丸部分が高熱になります。(あちっ!状態)

詳細が分かりませんが、同シリーズ、同モデルであれば、液晶のピン配列も同じと思いますが、異なる機種になると、配列自体が異なるので、ショートのリスクがあると思います。

ですから、液晶はケーブル、パネルの交換の際は同シリーズ、同モデルが原則と考えてください。

先日もこれ↓やっちゃいましたからね。

危険!注意!dynabook R63/UのマザーボードをR63/Mに移植してもマウスが使えない!
マザーボード移植が危険! dynabookでもロングセラーの機種は見た目同じもしくはマイナーチェンジしているだけなので、「ほとんど同じやろ!」と思いがちです。 特にマザーボード移植は誰だって考えますよね。 ただ、テクノロジ続きを読む

以上

タイトルとURLをコピーしました