パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

2019年版 初期化 HDDリカバリー(ハードディスクリカバリー)dynabook G83とdynabook V72

      2019/11/22

モデル機種:dynabook G83/M PG83MTJCG37AD21 カタログ

HDDリカバリー のメニューに変更あるか?調べてみました。

スポンサーリンク


HDDリカバリーメニュー

愛用のdynabook G83/MをHDDリカバリーをしたい時どうするか?

F12起動です

電源を入れたらF12を連打するとリカバリーメニューに変わります。

こんな感じでF12連打です。

boot menu

直ぐにブートメニューがでます。

HDD Recoveryを選ぶと警告メッセージです。YESで抜けます。

オプション画面

最近のはこのオプション画面に全てなります。

ここから迷うんですよね

リカバリーの場合は「トラブルシューティング」です。

そうすると「TOSHIBA Maintenanse Utility」に行きます。

そうすると過去見慣れたリカバリー画面になります。

dynabook G83のメニュー

G83の場合は2つのメニューみたいです。

ハードディスクの消去とリカバリーです

2つ目のTOSHIBA Recovery Wizard を選びます。

これも見慣れた警告です。

機種に依存しますが、この前に何か選ぶ画面がでるかもしれません。最終的には下記のようになります。

これでリカバリーが開始されます。

dynabook V72(VZ72/VC72)

dynabook V72のメニューは若干違います。

TOSHIBA File Rescuが選べます。

G83となぜ?違うか?後程調べましょう。

これも上記同様にいくつかの選択画面の後に下記になります。

この状態からは止められません。

止めたらHDDのファイルシステムが完全に壊れるので復元不能です。

くれぐれも止めないように。。

システムの復元をしたい場合

先ほどのトラブルシューティングから「詳細オプション」を選ぶと、システムの復元に行けます。

こういうメンテナンス画面を知っていると便利です。

では、また!

 - リカバリー関連 ,