パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

2019年版 初期化 HDDリカバリー(ハードディスクリカバリー)dynabook G83とdynabook V72

      2020/01/11

モデル機種:dynabook G83/M PG83MTJCG37AD21 カタログ

HDDリカバリー のメニューに変更あるか?調べてみました。

スポンサーリンク


dynabook G83のリカバリーメニュー

愛用のdynabook G83/MをHDDリカバリーをしたい時どうするか?

F12起動です

旧東芝PCは「F12」起動(メニュー)もしくは「0(ゼロ)」起動(HDDリカバリー)、または「C」起動(DVDドライブ)の3つの起動方法は以前と変わりません。

ですから、電源を入れたら「F12」を連打してリカバリーメニューをだして見ましょう。

こんな感じでF12連打です。

boot menu

直ぐにブートメニューがでます。

これが一般的な画面です。

HDD Recoveryを選ぶと警告メッセージです。YESで抜けます。

ちなみにこれはディスクがクリアされますよ!という警告です。

オプション画面

最近のはこのオプション画面に全てなります。

ここから迷うと思います。

リカバリーの場合は「トラブルシューティング」です。

そうすると「TOSHIBA Maintenanse Utility」に行きます。

すると過去見慣れたリカバリー画面になります。

dynabook G83のリカバリーメニュー

G83の場合は2つのメニューみたいです。

ハードディスクの消去とリカバリーです

2つ目のTOSHIBA Recovery Wizard を選びます。

これも見慣れた警告です。

機種に依存しますが、この前に何か選ぶ画面がでるかもしれません。最終的には下記のようになります。

これでリカバリーが開始されます。

dynabook V72(VZ72/VC72)の場合

メニューは上記のG83の場合と同じです。

始めに「F12」で起動して、HDD Recovery を選んでください。

オプション画面→トラブルシューティング→TOSHIBA Maintenanse Utilityで下記に進んでいきます。

dynabook V72のメニューは若干違います。

TOSHIBA File Rescuが選べます。

G83となぜ?違うか?後程調べましょう。

これも上記同様にいくつかの選択画面の後に下記になります。

この状態からは止められません。

止めたらHDDのファイルシステムが完全に壊れるので復元不能です。

そうなるとメーカーに修理依頼するか?SSD自体を交換して、再リカバリーです。

くれぐれも止めないように。。

システムの復元をしたい場合

先ほどのトラブルシューティングから「詳細オプション」を選ぶと、システムの復元に行けます。

こういうメンテナンス画面を知っていると便利です。

dynabook用リペア部品を探す

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで必ず愛着がでてくるもので大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能になります。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

パソコンDIY セルフメンテナンスを是非楽しんでください。

ダイナブック/サテライト

 - リカバリー関連 ,