dynabook R734 の液晶交換で注意した方が良いこと(白帯or黒帯)

液晶パネル関連

スポンサーリンク

経緯

dynabook R734のメンテナンス時にちょっと不思議なことがあります。

それは液晶ケーブルの白い帯と黒い帯の理由(わけ)です。

今回は黒帯ケーブルが付いているマザーボードを白帯ケーブルの本体に移植しようと思います。

一般的に言えば同じR734ですから移植は成功します。

ただ、R734だけは、前回の記録があっていれば、液晶が表示しないでしょう。

だからと言って液晶が壊れている訳ではありません。

下記は黒帯ケーブルのR734の本体です。

マザーボードを取って移植します。

マザーボードを取ります

今度は白帯ケーブルのR734のボディにマザーボードを移植します。

取付完了!

こんな感じです。

中身は全く同じです。

違うのは液晶ケーブルが白帯なのか?黒帯なのか?

スイッチ!オン!

案の定、表示されません。

何回やっても、再度ばらして組み直しても全く映像が出ないです。

ちらちら画面がなりますので、シグナルは届いているのでしょう。

液晶の仕様が合わないケースの表示です。

ちなみにR63/Dにつけると表示されます。

以上、気を付けてください

 

タイトルとURLをコピーしました