dynabook R734 の液晶交換で注意した方が良いこと(白帯or黒帯)

液晶パネル関連

スポンサーリンク

同モデルでの違い

dynabook R734のメンテナンス時にちょっと不思議なことがあります。

それは液晶ケーブルの白い帯と黒い帯の理由(わけ)です。

今回は黒帯ケーブルが付いているマザーボードを白帯ケーブルの本体に移植しようと思います。

一般的に言えば同じR734ですから移植は成功するはずです。

ただ、dynabook R734シリーズだけは、単純な移植では液晶が表示しないのです。

なぜか?液晶のピン数に違いがあるからです。(上記のレポートを参照ください)

だからと言って液晶が壊れている訳ではありません。

実験

下記は黒帯ケーブルのdynabook R734の本体です。

マザーボードを取って移植します。

 

マザーボードを取ります

そしてそのマザーボードを白帯ケーブルのdynabook R734のボディに取り付けます。

今度は白帯ケーブルのマザーボードの本体を準備します。

このマザーボードを入れ替えます。

違うのは液晶ケーブルが白帯なのか?黒帯なのか?だけです

そして、スイッチ!オン!

案の定、表示されません。

何回やっても、再度ばらして組み直しても全く映像が出ないです。

ちらちら画面がなりますので、シグナルは届いているのでしょう。

液晶の仕様が合わないケースの表示ですね。

ちなみにdynabook R63/Dにその白帯のケーブルの影響をつけると表示されます。

白帯が何か?

これは液晶のピン数の問題です。

黒帯は40ピン、白帯は30ピン用の液晶ですので、注意が必要です。

以上、移植やニコイチの場合は気を付けてください

 

タイトルとURLをコピーしました