実験!dynabook T45/C T45/D AZ45/Aの見た目同じの機種のボトムカバー調べ

dynabookを知る

スポンサーサイト

類似の機種

ちょっとだけモデルを変えて、ちょっとだけ仕様を変えて、全く違うものとして販売する?

Amazonなんかで良くやっているODMっぽい販売手法?ですよね

それがdynabookにもあります。

流通モデル、コンシューマモデル、ダイレクトモデル、オリジナルモデル?

どうみても同じだけど、なんかちょっと違う?

そうなると「互換機種」としてリペアパーツを使う時はややリスクを伴います。

実は今日問い合わせでdynabook T45/Cの裏カバーがdynabook T75/BGに利用できないか?という質問がありました。

ですから、手持ちの類似機種で実験してみました。

実験機種

①dynabook T45/CGS T45/DWS
②dynabook AZ45/AW
③dynabook T45/DB

結論

全部ボトムカバーは同じ仕様でした。

基本ネジ穴の箇所が合っていれば、左右のデバイスに関わらずほとんどの機種で適合します。

左右のデバイスはボトムカバーに関係ないので、互換機種であればボトムカバーはほとんど合うと思います。

ただ、下記のようにUSBデバイスの箇所と爪でロックしているので、この位置がずれると問題はあると思います。

ですから、基本はカバーのネジ穴の位置が全く同じであれば、ボトムカバーは利用可能ということになると思います。

こうやって互換部品を確認するとリペアパーツの利用幅が広がりますよね。

以上

タイトルとURLをコピーしました