dynabook 初期画面 デスクトップ標準壁紙がある場所

dynabookを知る

スポンサーサイト

赤の壁紙

ダイナブックオリジナル壁紙と言うものがあります。

2013年頃からはコップやグラス、花瓶?などが背景を飾っていましたが、なんせバックが真っ赤と言うことで、一般的にはあまり好まれていませんでした。

もちろん、私も好きではありません。

真っ赤?と言うのが、どうも見難くいので、直ぐに変えてしまいます。

できれば地味な色が良い気がしますが、この真っ赤なシリーズは続いています。

代表的なものは下記のような近未来的なイメージです。

3Dの空間に色とりどりの椅子が並んでいるものです。

これを使っている機種は多いと思います。

ダイナブック、サテライトの標準壁紙はいろいろありますが、こんなラムネ瓶もありました。

何となくアートになるので、不思議な壁紙です(笑)

2019年頃から下記のトーンに変わったので、やや安心です。

ちょっと落ち着きましたよね

windows10の壁紙は下記ですが、この落ち着いた色の方が私は良いです。

さらに進化すると下記になりましたので、リニューアル感ありますね。

windows7の壁紙は下記ですが、これも落ち着いた色ですので、変更するという方は少なかったと思います。

壁紙の保存場所

では、これらの保存場所はどこか?

windows7の場合

デスクトップで右クリックし、「個人設定(R)」を指定してください。

「デスクトップの背景」を選びます。

C:¥windowswebwallpaper¥TOSHIBAの中にあります。

その他の壁紙もここにありますのでご覧ください。

windows10の場合

PCというアイコンをクリックするとドライブがでますので、その「Cドライブ」をクリックして、windowsフォルダをクリック、webフォルダをクリック、wallpaperをクリックすると下記のようなフォルダ構成があります。

そのDynabookの中に壁紙があります。

以上

 

ダイナブック/サテライト 部品販売

タイトルとURLをコピーしました