東芝 コスミオ Qosmio E10/1KLDEW Qosmio E10/1JCDT 液晶取り外し 分解・解体

パソコン分解

top

ここではジャンク品のQosminE10から液晶を取り、Satellite J60に装着する前編です。

ただ、失敗したことにE10とJ60の液晶の形態が全く違っていたため、表示できても、装着することができませんでした。(笑)

恐らく、Qosmio E10/2KLDEW(PQE102KLDEW) やQosmio E10/2JCDT(PQE102JCDT)なども同様な作りになっていると思う。

Qosmio E10バックライトが2重のもの、J60はノーマルな液晶でした。

こんなことは良くあることです。

スポンサーサイト

分解風景

届いたジャンクのE10は非常にきれいなものです。
型番:PQE101KLDEW

1

液晶の状態も諮問1つ無く、非常に良いです。キーボードも新品同様です。

2

E10の中でもスペックがPentiumM 715 1.5GHz の無線LAN搭載です。

3

キーボードをはずします。上部のラッチをはずします。

4

慎重にはずしてください。

5

両端のねじをはずしてください。

6

上部のカバーを右にスライドします。

7

するとキーボードが外れます。思ったとおり、コーヒーか何かをこぼした跡があります。

8

では、液晶をはずします。目隠しシールをはがします。

9

両端のねじをはずします。

10

後は爪で引っ掛けているだけですので、丁寧にカバーをはずしてください。

11

くれぐれも折らないようにお願いします。

12

液晶部が見えました。

13

型番:LQ150X1LAM3

14

ツインになってバックライトが強化されています。

15

無線LANのアンテナもついていますね。

16

では、裏面です。

17

HDDをはずします。

18

バッテリーもはずします。
型番:PABAS055

19

関連するねじを全てはずします。

20

ドライブもはずしますが、コーヒーが中まで入っているようですので、使用できません。

21

いろいろなデバイスがぎっしり詰まっていますね。

22

??

23

ディスプレイケーブルはとっておきます。

24

あら~・・かなりの腐食が目立ちますね。

25

CPU部分だけは何とか無事のようです。

26

これがTVカードですが、使えるかどうかわかりませんね。

27

無線LANのユニットです。コスミオE10のドライバーサイトからintelの無線LANデバイスドライバーをダウンロードすれば、サテライトJシリーズは可能と思います。
ちなみにJ40に装着したら完全に動作しました。
型番:G86C0000X310
P/N:PA3367U-1MPC

28

かなりの量のコーヒーをこぼされているようでした。
下部のカバーまで腐食していました。

29

再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(パソコンDIY専門店)
Dymabook社(旧東芝)のノートパソコンを中心に再生部品を取り扱っているダイナショップのページをご覧頂きありがとうございます。海外からバルク品を調達して検査後販売しています。テレワーク化が進む日本においてセルフリペアは必要な技術です。是非、当サイトを活用してください。
タイトルとURLをコピーしました