パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

東芝 dynabook T45/D T55/D T75/D T85/E シリーズ の分解(共通)

      2018/10/19

今回は正常動作している dynabook T45/DWS(PT45DWS-SJA3)をモデルに分解してみようと思います。

この機種は3世代に渡るT45シリーズの最も新しいモデルで個人的に言って良いマシンです。

Satellite R35やB35、dynabook B45 B55系の共通パーツを使っているので、比較的安定しているマシンですが、この薄さとファン構造から言えば長寿のマシンではありません。

4年~5年を目途に使って行くということが良いでしょう。

分解先生のモデルになった機種でもあります。

早速分解してみます。

スポンサーリンク


分解工程

モデル:dynabook T45/DWS
型番:PT45DWS-SJA3

このモデルも長ネジと短ネジの2種類があります。

下記の赤マークは長ネジの箇所です。

下記の青マークが短ネジです。

マザーボードの構成はB35やB45 B55と同様です。

ちなみにB55を見てみます。ほぼ同じみたいです

まず、ファンを確認します。

型番:G61C0002Y 210

CMOSバッテリーも入っています。

各コネクターを外して、マザーボードやHDD、メモリなどを外すとこうなります。

この鉄板の下にキーボードがありますが、事実上交換は不可能です。

マザーボードに水分混入を防ぐ鉄板がプラスティック溶接されていますので、一般の方は無理です。不可能!

これを外しても溶接するのに労力を費やします。

交換が必要な場合はパームレスト一体型のキーボードを探すことです。

(一言コメント)
先日、この手のキーボードを販売しているヤフオク出品者(中国の方?)に質問してみました。
回答は意味不明?交換方法を知らない方のようでケーブルが合えば交換可能ですとのことです。
できませんので、注意してください。

ちなみにこれがキーボードの型番です。G83C000HQ5JP NSK-VB3SN

液晶取外し

先ず、ヒンジを横にスライドします。これは爪なので、強く動かすと動きます。

スライドします。汚れているのはヤニ?ですかね(笑)

フレーム固定ネジを左右外します。

液晶に圧をかけないようにゆっくりフレームの爪をとっていきます。

フレームが外れます。

赤印のネジを外します。

赤印のネジを外すとパネルが取れます(LCDケーブルは裏側にあります)

(注意)パネルに傷がつくのでキーボードにプチプチを敷き、傷をつけないように倒します。

型番:LP156WFB(SP)(A2)

次にヒンジを外します。本体側のネジを外してください。(左)

右側のお願いします。

LCDカバー側は2つのネジを取ります。

写真のように平べったいものと、通常のネジです。

LCDの上部に1つネジがありますので、それも取るとヒンジが外れます。

作業メモ
dynabook T45/DWS→専用液晶 LP156WFB(SP)(A2)
→互換液晶としてLP156WHB(TP)(K1)が利用可能です。
(dynabook EX/36TW液晶 AZ15/VB液晶)

dynabook EX/36TWとAZ15/VBの液晶パネルを付けてみます

使えました。

部品販売サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで必ず愛着がでてくるものです。

そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

パソコンDIY セルフメンテナンスを是非楽しんでください。

ダイナブック/サテライト部品販売

 - パソコン分解 ,