紛らわしい?dynabook R73 R734のキーボードのまとめ

キーボード交換/修理 キーボード型番 比較

スポンサーリンク

紛らわしい機種

dynabook R73ファミリーとdynabook R734ファミリーは非常に似ています。

セルフリペアに慣れてない方は必ずキーボードを間違って購入してしまいがちです。

恐らく、自分の機種がdynabook R73/NBなどであれば、知らない方であれば、ほとんどdynabook R73シリーズのキーボードを購入してしまうのですが、これは間違いです。

dynabook R73/38やR73/37、R73/NBなど、R73であると言ってもボディはR734ファミリーに属しますので、キーボードはR734シリーズ用を買わなければなりません。

非常に紛らわしいですが、文句言っても仕方がないので、ちょっとまとめました。

参考にしてください。

では、dynabook R73シリーズから書いておきます。

dynabook R73シリーズ

後ろにアルファベットが1つ付くものが中心です。

下記のR73/A~R73/Mは下記のヒンジ形状になります。

このヒンジ形状のR73シリーズ用キーボードは下記になります。

ノーマル

特徴はケーブルが細くて長いです。

型番としては「G83C000GV5JP」などがあります。

新品 バルク 東芝 dynabook R73 RZ73 RZ83シリーズ 交換用キーボード
新品 バルク 東芝 dynabook R73 RZ73 RZ83シリーズ 交換用キーボード

アキュポイント有り

新品 バルク 東芝 dynabook R73/A R73/B R73/U R73/D シリーズ アキュポイント搭載 交換用キーボード
新品 バルク 東芝 dynabook R73/A R73/B R73/U R73/D シリーズ アキュポイント搭載 交換用キーボード

dynabook R734キーボード

画面がFHDモデルのR73/37 R73/38シリーズおよびノーマルだけど、中身はR734のR73/NBシリーズは下記です。

ヒンジ形状は下記です。

このシリーズで機種の呼び方が紛らわしものはdynabook R73/37シリーズやR73/38シリーズ、R73/NBシリーズがあります。

これらはdynabook R734シリーズと骨格は一緒なのでキーボードはR734のものです。

見た目は同じです。

ノーマル

ノーマルのキーボード、つまりキーボードの機能だけ。

ケーブルはノーマルですが、上記R73とは全く違います。

アキュポイント部の接点はマスクされています。型番:G83C000EL3JP

アキュポイント有り

アキュポイント付きですが、バックライト無しの場合は下記です。

下記はバックライト無しのバージョンです。型番:G83C000EA3JP

バックライト有りのバージョンです。型番:G83C000EJ3JP

dynabookのセルフリペア部品を探す

下記バナーからおはいりください。

ダイナブック部品販売

タイトルとURLをコピーしました