dynabook 素人でも簡単にメモリ増設可能な機種 dynabook B65/Mを設定

比較

スポンサーリンク

dynabook B65とは何?

Dynabook(旧東芝クライアントソリューション)のビジネスパソコンは現在Core i5モデルのdynabook B55シリーズが一般的です。

ただ、最近dynabook B65が市場に出始めているのはなぜ?

このdynabook B65はあまり馴染みがなく、上位機種のようなイメージを持っておられる方が大半と思います。

過去、B6*シリーズは一般機種ではなく、カスタマイズ機種など、あまり市場に出回らなかったからです。

Satellite B453やB553シリーズの中にもB653という機種がありましたが、これもカスタマイズ機種で一般的にでまわりませんでした。

しかし、今回のB65シリーズはdynabook B55とほぼ同等程度に市場に出回っているのはなぜでしょう?

dynabook B55とdynabook B65の大きく違うところがメモリカバーが存在するということです。

これはdynabook B55がメモリ増設不可に対し、メモリカバーがあるdynabook B65はユーザーでメモリが増設できるのです。

ですから、dynabook B55より、dynabook B65が良いということになります。

B65とB55

dynabook B65は大手流通系IT商社専用モデルとしてdynabook社が製造しているものです。

では、dynabook B65を購入して調べてみました。

B65/Mはダイワボウ情報システムさんが沢山持っていたのですが、在庫だったので東芝の箱でした。

他のモデルは1月生産からTOSHIBAのロゴが消え、dynabookの箱になっています。

上の箱が先日購入したdynabook G83の箱です。

下は在庫のB65

キーボードの質感も従来のものと変わりません。

搭載のデバイスも同じです。

これもです。

dynabook B65/Mは第8世代のCPUを搭載しています。

AC電源アダプター19V 2.37A
型番:PA5177U-1ACA

このへんも変わらない模様です。

dynabook B45/M dynabook B55/M dynabook B65/M dynabook B75/Mというシリーズがありますが、ほぼ付属品は共有されています。

リカバリーディスクも付属タイプとそうでないタイプがありますので、お間違いないように。。

壁紙が従来のものと少し落ち着いたものに変わりました。

従来のシリーズは見難かったです。

PIPC版オフィスのパッケージも変わりました。

下記のようにメモリカバーがありますので、増設可能です。

裏面シールも変わっています。

【dynabook B65/Mの場合】
海外モデル:Satellite Pro A50-E

【dynabook B55/B】
海外モデル:Satellite Pro R50-E

 

dynabook リペア部品を探す

Satellite B35 dynabook B45 B55 B65 パーツ - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました