Type2 dynabook T45 T55 T65 T75 シリーズのマザーボード取外し/分解 ファン交換

冷却ファン関連

今回はdynabook T75/UGのマザーボードを移植しましたので、そのポイントだけをアップしてみます。

スポンサーサイト

Tシリーズの種類

まず、このdynabook Tシリーズは3種類あります。

良く間違える方が多いので、ちょっと復習しておきます。

それぞれ見分け方はヒンジ部分のデザインで分かります。

今回のT75/UGはこのタイプ2の方です。

タイプ2の特徴

タイプ1、タイプ2それぞれ、ヒンジ部分の構造に問題があると思っています。

以前、タイプ1で記事アップしましたので、参考にしてください。

東芝 ノートパソコン dynabook T45 T55 T65のヒンジ破損を考えてみた
ヒンジ問題を考える 東芝ノートパソコンのヒンジ問題はdynabook EXシリーズのヒンジ破損が記憶にあると思います。 当時ネットオークションには多くのヒンジ破損ジャンクが出品されていたので、私は試しにそれを落札し、修理に出して続きを読む

ヤフオクなどで出品されるジャンクを研究していると良く分かります。

こちらにも数台入ってくるのですが、どれもほとんど同じ症状のジャンクです。

今回も分解していると下記のようになっていました。

これですね!

この固定部が「もげる」という症状が多いです。

パソコンも当たり外れが多いので、中古を買う時は注意が必要でしょう。

ただ、そういう機種でもメンテナンスすれば長く使えますので、愛着をもって使えば良いと思いますね。

メンテナンス

悪いところは自分で治せばよいので、マザーボードが逝っても交換すれば良いです。

人間の身体と違って、パソコンはこれができるから良いですね。

比較的構造も単純なので、交換はし易いと思います。

ファン交換

このモデルはファンがヒートシンク一体型なので、交換はこのようにファン全体を外さなければなりません。

シリコングリスも一旦外した場合は塗り直してください。

使い切りのシリコングルスがありますので、それを使うと良いです。

このモデルはdynabook Bシリーズのビジネスモデルのリカバリーで復元可能です。

もちろん、プロとホームが違うのですが、利用上は問題なさぞうですね。

こんな感じでメンテナンスすれば問題機種でも長く使えます。

以上

タイトルとURLをコピーしました