パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

必ずやってください!東芝dynabook RX82/ABP バックアップ・リカバリーメディア(USBメモリ)の作成

      2016/12/29

必須!リカバリーメディアの作成

recov_1

このモデルにはDVDドライブが付いていませんので、リカバリーディスクではなく、USBメモリで作成しなければなりません。

以前の機種であれば、付属品として添付されていたリカバリーディスクですが、最近はHDDリカバリーに変わり自身でそれを作らなければなりません。

このwindows10のdynabook RX82/ABPのリカバリー領域としては16GB以上のUSBメモリを要求してきます。

実際のリカバリーエリアは13GBくらいと思いますが、計算の仕方がUSBメモリに依存する為、16GBを要求してきます。

このリカバリーメディア作成に関しては必ず買ったら直ぐにしてください。

直ぐに壊れる」とか、「必要になる」という訳ではありませんが、一旦その機会を逃すと、恐らく作らないと思います。

作り方は簡単です。

まず16GBのUSBメモリを用意してください。

スポンサーリンク


リカバリーUSB作成

1.USBメモリを本体に付けてください。アマゾンなどで1000円以内で販売しています。私はアマゾンプライム会員なので、お急ぎ便でSandiskの16GBのUSBフラッシュメモリを使いました。

【スポンサーサイト】

recov_2

2.「すべてのアプリ」→「TOSHIBA」→「リカバリーメディア作成ツール」を選びます。

recov_3

3.メディアを選択できますが、ドライブが付いていませんので、USBフラッシュだけです。

recov_4

4.USBフラッシュを選びます。

recov_5

5.リカバリUSBメディアを作成します。10.9GB以上のサイズのUSBフラッシュメディアを挿入してください。16GBまたはそれ以上のUSBフラッシュメディアが必要です。(容量の計算方法が異なるため)

recov_6

6.作成中:約15分くらい

recov_7

7.終了

recov_8

8.必ず、分かるようにして保証書と一緒に保管してください。必ず、役に立つときがあります。

recov_9

以上

 - リカバリー ,