ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

軽度HDD障害であれば、リカバリー復旧した後に環境を丸ごと移行する

      2017/05/27

東芝ダイレクトモデル dynabook Satellite T772/W5TFのHDDの調子がどうも悪い。

<症状>

最初はwindows7が起動しなくなり、その状態からリカバリー実施して何とか復活!

これ幸いとそのままソフトを入れて使っていると突然固まります。

しばらく(2分か?3分)して、何もなかったように動き出す。

その頻度が多くなって、その繰り返しです。

リカバリーして直ぐそのようになったので、HDD自体の問題(論理障害?)と推測できます。

多分セクターの問題ではないでしょうか?

まずはHDD交換して、そのまま環境を移行してみます

まずは移行に良く使う、環境丸ごとバックアップツールのEaseUS Todo backupのフリー版を使ってやってみました(無料)

最初に下記をやってみた。
http://dynabook.biz/recovery/10087/ 

しかし、バックアップ時に異常に時間を要しました(24時間コピー)

セクター破損の恐れでリードに時間を要しているような動きです。

ようやく終わり、復元へのプロセスに移っていくのですが、復元時でまたエラーがでて、通常復元を断念しました。

スポンサーリンク


OSレベルで実施

次はOSレベルでやってみました。

つまり、別のHDDに交換し、予め作っておいたリカバリーディスクでリカバリーします。

windowsを起動して、OS上でイメージファイルを呼び出す方法です。

念のため、元の環境をバックアップしておきます。

下記で通常通り、外付けHDDにバックアップしてください。

Satellite T772/W5TFリカバリー後のHDD状態は下記になります。

1TBのHDDのディスクに交換しましたので、Cドライブが増えています。

リカバリーしたマシンにEaseUSのTodo backup 10.0をインストールし、「参照して復元」でイメージファイルを呼び出します。

一旦、再起動要求があります。

再起動すると、BIOSレベルでコピーが動きます。

2時間くらいで復元

これは元の画面ですが、特に問題なく動きます。

固まるという動作はありませんが、いろいろ動かして、もし、変な動きがあれば、このページを更新してお知らせします。

ソフトの状態

マイクロソフトの製品はHDDの容量を情報として保持していますので、750GB→1TBに変わったことで再度ライセンス認証を求めてきます。

ここはリカバリーしたことと同じ状態ですので、ライセンスオーバーの場合は電話にてライセンス認証をお願いします。

それ以外であれば認証はできるはずです。

2017年5月27日現在

 - リカバリー