パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 Satellite B453/B553/B554 CMOSの場所と型番

      2018/09/25

問合せでCMOS電池の場所や型番を聞かれます。

CMOSは内臓時計などを切らさずに動かすための電池と思ってください。

これが大よそ5年くらいすると切れてきますので、それ以上使いたい人は交換した方が良いですが、入手が困難です。

SatelliteB453/B553/B554などが使っているCMOSのメーカーは東芝、型番は2/V15H PVCFになります。

今回の対象機種はサテライトB553ですが、外し方を下記に説明しておきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク


CMOS電池の外し方

場所は赤丸の部分です。

ファンの横にあります。

マザーボード動かしてコネクターを外してください。

ケーブルは2本ですが、3ピンコネクターです。

これがCMOS電池です。

以上です。

部品販売サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで愛着がでます。

そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック/サテライト部品販売

 - バッテリー型番