解決済!dynabook R634 R63 KIRA シリーズなど電源が入らない時の一時対応!SSDの取り外し

パソコン分解

スポンサーリンク

通電しないパソコン

通電しないパソコンのデータが取れるか?

AC電源を入れた状態で通電LEDが点灯しない時は電源系のトラブルもしくはマザーボードの可能性が高いです。

ただ、中のデータは生きていますので、諦めずに一時トライはしましょう!

まずはデータ保全の意味でデータサルベージをします。

作業方法

簡単な工具を用意するのですが、専用工具である必要はありません。

薄いヘラみたいなものが100均で売っていればそれでも良いと思います。

ここではdynabook R634 R63シリーズを実施します。

裏カバーを外す

赤マル部分のネジを外してください。

ネジを外します

ゴム足の下にネジがありますので、外してネジを取ります。

後部のゴム足も同様に取ります。

ネジを取ったら裏面カバーを外します。側面にスマホ分解工具のへらで隙間を確認します。

ゆっくりと外してください。

SSDを確認する

何となく無線のモジュールに見えますが、これがHDDに代わる1.8インチSSD(mSATA)です。

固定ネジを外します。

中古 東芝 dynabook R634 R63シリーズ SSD固定ネジ(2本組)
中古 東芝 dynabook R634 R63シリーズ SSD固定ネジ(2本組)

東芝製の1.8インチmSATA SSDです。これが128GBですが、256GBもあります。

THNSNJ128GMCU 24GS10QNT4TW
部品番号:G8BC000A8120

この中に全てのデータが記憶されています。

dynabook R634/K SSDの種類
SSD型番:THNSNW128GMCP

起動するパソコンを準備する

下記はmSATAのSSDを外します。

※KIRA V63シリーズで実施

mSATAアダプターを準備します。

外したSSDを下記のように付けます

ネジ止めしてください。

こんな感じになります。

準備した起動するパソコン(dynabook G83シリーズ)を準備します。

差し込むとLEDが点滅します。

認識しました。SSDは生きています。

ドライブがでますので、それをクリックします。

ユーザーをクリックします。

ブロックがかかりますが「続行」で進んでください。

中身が見えますので、ログインIDのdynaにアクセスします。

中身が見えましたので、データにアクセスしてコピーしてください。

 

その場合、ケーブルだけあれば大丈夫です。

dynabook部品サイト

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。

旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

ダイナブック/サテライト部品販売

タイトルとURLをコピーしました