CPUを確認する!dynabook R73/Yを最小限のパーツで起動させる

パソコン分解

スポンサーリンク

CPU表記を調べる

部品をかき集めて

マザーボード、液晶パネル、スイッチ基板、電源コネクター、SSD(もしくはHDD)、フレキケーブル、そして、ファンにメモリです。

R73のキーボードを出すの面倒だったので、USBキーボードを使いました。

これで充分です。

これもCPUの表記が誤っていました。

dynabook R73/Yって詳細情報が無いのです。

カタログはあてにならないなあ~。。カタログはクロック数が2.2GHzでしたね。

今後はBIOSやヘルスモニターで確認した方が良いです。

(参考)
PCヘルスモニター

動画サポート

では、また!

dynabookリペア部品を探す

dynabook Satellite Qosmio(一部の機種)dynadesk Equiumなど旧東芝製パソコンのリペアパーツ(修理部品)を探したい方は下記のバナーからお入りください。

ダイナブック部品販売

タイトルとURLをコピーしました