動画あり!東芝 Satellite R35 B35 dynabook B45 B55 B65 SSD換装(遅いパソコンを早くする)

SSD化 ハードディスク交換

スポンサーリンク

交換作業

このシリーズは裏面にHDDやメモリのカバーが無く、サービスマンが増設作業等をしなければならない機種になっています。

「サービスマンしか増設作業ができない」という意味は何でしょうか?

モデル機:dynabook Satellite R35/M PR35MGAD483AD71

このモデルは一見dynabook Bシリーズ(B35 B45 B55 B65 B75など)と同じに見えますが、細かいところが全然異なります。

2

まずは内部を確認しましょう。

赤マルと青マルのネジの種類(長さ)が違うので戻す時は注意してください。

3

バッテリーを外します。

4

ネジを外します。

5

ドライブを外します。

6

ドライブ型番:G8CC00068Z20 モデル:UJ8G2 ABTJ5-B(Panasonic製)

drive

ドライブが外れた個所に手を入れ、ぐっとカバーを剥がします。

8

G70C0006D310 これがフレキケーブルです。これを良く切ります。

11

注意して外してください。

12

HDDは7mm MQ01ABF050 500GBです。

13

SSD設置

SAMSUNG製の860EVOのSSD 1TBを付けます。

フレキケーブルを切らないように一旦外してSSDに装着し、MBのコネクターを取り付けます。

こんな感じです。

winodwsの復元

windowsの復元をどう行うか?

初期状態に戻す場合は下記のように純正リカバリーディスクからリカバリーください。

14

リカバリー/復元する

純正のリカバリーディスクを設定します。

15

起動(電源ON)直後に→F12連打 でブートメニューを表示してください。

後は手順に沿ってリカバリーを行ってください。

16

HDDHDD→SSD換装終了です。

17

リカバリーせずに環境を丸ごとSSDへ移行

下記は3ステップでできるパソコンのSSD化です。

移行ツールを使ってHDDの中身を丸ごとSSDに移します(環境)

イーザスソフトウェアの無料移行ツールとUSBケーブルがあれば1時間前後で環境をそのまま移行できます。是非、一度ご覧になってチャレンジしてみてください。

簡単3ステップの1時間でSSDへ!古いパソコン 遅いパソコンのCeleron windows10の激遅マシンを高速化へ!
簡単にSSD化 何とか簡単に安くSSD化できないか? 今回は無料のソフトで1時間で可能なSSD化を解説します。 ステップは3つで今付いているHDDのクローンSSDを作り、単に入れ替えるというスタンダードなやり方です。 ス続きを読む

参考動画

上記の機種とは異なりますが、同型機種ですので、交換方法は同じです。

映像で紹介していますので、参考にしてください。

東芝dynabook B55/B ハードディスク交換( HDD換装)
詳細はリペアブログ をご覧ください。※パーツ販売※セルフリペア支援サイト #HDD #大名武久 #リペア研究所

HDD SSD 速度比較

SSDアップグレードサービス

 

リペアパーツ

ダイナブックパーツ専門店

ダイナブック部品販売(部品販売)

タイトルとURLをコピーしました