EaseUS利用 簡単3ステップの1時間でSSDへ!遅いパソコンのSatellite B453を高速化へ!

SSD換装/レベルアップ

スポンサーサイト

簡単にSSD化

何とか簡単に安くSSD化できないか?

今回は無料のソフトで1時間で可能なSSD化を解説します。

ステップは3つで今付いているHDDのクローンSSDを作り、単に入れ替えるというスタンダードなやり方です。

ステップ1

SSD移行用のソフトをダウンロードします。

EaseUS Todo Backup Workstation

EaseUS®企業・業者向けバックアップソフト - EaseUS Todo Backup 企業版
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Todo Backup 企業版は、Todo Backup Workstation、Todo Backup Server、Todo Backup Advanced Server、Todo Backup Technicianといった4つバージョンからなり、いずれでも非常に続きを読む

メールアドレスを入れ、「企業用を試す」を押すと無料版と有料版の違いがでますので、左側の「ダウンロード」を押してソフトをダウンロード、インストールします。

ダウンロードファイル:tb_enterprise_trial

次へ、次へと進んでインストールします。

ステップ2

次に元のHDDからSSDに環境を丸ごと移します。

デスクトップに下記のアイコンができていますので、ダブルクリックです。

その間に購入したSSDを下記のケーブルに繋いでパソコン本体のUSBポートに入れます。

新品 SATA-USB 3.0 変換ケーブル 2.5インチデータ抽出 SSD/HDD用 USBアダプター No.210125-6
パソコンが起動しない時などにHDDやSSDを壊れたパソコンから抜き取りデータを抽出します。また、外付けHDDやSSDなどにも利用可能です。便利なUSB3.0のケーブルです。

こんな感じです。

ソフトを起動すると下記の画面がでますので、「後で」で抜けます。

クローンを押します

(注意)

ディスクを間違いないようにしてください。

左が元のHDDです。右が移行先のSSDです。

移行先が完全に削除されるということです。

下記のようなインジケーターがでますので、1時間弱です。

ステップ3

HDDをSSDに交換してください。

電源を入れると元々のHDDの環境がSSDに生まれ変わります。

アップデートも正常です。

注意

Satellite B453 は2013年にリリースされたものですので、windows10のアップグレード対象ではありません。

ですからアップデート修正モジュール等がありません、いつ何時トラブルがあるか?わかりません。

データのバックアップだけは取っておけば、古い機種でも充分使えると思いますよ!

スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました