気分爽快!大名武久のアクティブに生きる

大名武久のおもしろメンタルフィットネスブログ

*

頼り過ぎは禁物!社会がどんなに進化しても、アナログに勝るものはない!

      2016/11/27

ana

カラッと晴れた日。

今日は取引先へお中元を持って挨拶がてら気分転換のドライブ。。

気持ちよかねェ~

企業に対するお中元は遠方だからと言って運送便は使わない。極力持って行くようにしている。

これが拘りかな?

年に2回くらいでしょ。。

やっぱぁ~遠方だから行かないとね。

IT企業だからこそ。。こういうアナログチックなことを率先的にする。

どんなにテクノロジーが進化しても、日本は人と人が仕事をしている。特に九州で生きて行こうと思ったら、避けて通れないよな(笑)

何でもデジタルの世界に頼りがちだが、私のような裏方の仕事ばかりをしていると、アナログがいかに安全で安心か?

痛いほど理解できる

最近はマイナンバーなどの件で企業からの相談が多い。。

どうしたら良いだろうか?と社長が悩んでいる。。

質問かな?いや、相談だ

そういう中小企業の社長には繰り返し言っている。

社員のITモラル」に勝るものはない

そう。。いろいろマスコミが騒いでいる個人情報漏洩問題は全て内部から起こったミスが原因だ。。

金があればガッチガチなテクノロジーを使えば、それなりに防げるし、保険にもなる!

ただ、どんなに厚い壁で会社を守っても、社員のモラルが低ければ全く意味が無い

情報は漏れる!漏れる!・・

機械やツールは所詮心の安心だけで、実際は無用の長物かもしれない

返ってややこしくなる

じゃあ~どうやって情報を守り、会社を守っていくか?

まず、対策としては5割がツールに頼る・・つまりウィルスワクチンソフトやID、パスワード、セキュリティツールなど、人間が作り出したもの

そして、残りの5割は社員のITモラル、つまり危機意識だ

どういう時は何をして、どうするべきか?

基本的なルール作りとモラル向上だ・・そして、会社全体でモラルの意識を高める

中小企業はここまでが限界だな。。

ここまでやっていて非難する人は恐らく居ないだろう。。

仮に裁判になっても、弁護する側はツールに頼っているより印象は良い

もちろん、狙われたら何をしても無駄。。

現代のハッカーを阻止することはできない。

ano

知能犯だからね。

実は過去にその類の苦い経験が。。。ある

スポンサーリンク


サーバーをハッキングされる

当時、福岡県警博多署、ハイテク犯罪課の主任にこっぴどく絞られた経験がある。。

今はサイバーパトロール?っていうのかな。。

そういう苦い経験があって今の自分が居る。。そして、アドバイスをする。。

どんなツールを入れても、扱う人のモラルが低ければ・・全く意味をなさない。。

これ!だな。。

ツールに頼り過ぎるのはダメ。。だから増々人間が考えなくなってきている。

最近は検索エンジンに頼り過ぎてメモを残さない。。スマホに頼り過ぎて、覚えない。。

最悪はナビに頼りすぎて、道を覚えない。。

脳が退化するぞ!

テクノロジーは少し頼るだけで基本、頼らないような考え方が必要だ。。

ITオタクの専門家が言っているから間違いない!

だから、アナログに勝るものはない。。これだな

では、また!

 

 - ビジネス