東芝 デタッチャブル モバイルのdynabook V713 V714 を分解してみた

dynabookを知る パソコン分解

スポンサーリンク

モデル機 V713

今回はdynabook V713/Hの分解方法です。

このモデルの型番確認ですが、透かしのように裏面にありますので意外と見落としがちです。

今回はdynabook V713/H (PV713HNV647A71)を分解してみます。

ネジも無ければ爪もなく、どうやったら分解できるか?

私は万能開腹ツールがありますが、薄いアルミ板みたいのがあれば良いですが、やはり専用工具を使った方がダメージが少ないと思います。

アマゾンなんかでも販売していると思いますが、ダイナショップでも販売していますので、宜しくお願い致します。

分解用スチールヘラ オープニングツール(isesamo海外輸入)分解ヘラ
分解用スチールヘラ オープニングツール(isesamo海外輸入)分解ヘラ

分解手順

タブレット分解はフィット面をいかに安全に外していくか?

これが勝負です。

昔のようにネジを使ってなく、できるだけ爪をひっかけてみっちり固定しているので、簡単に分解が可能です。

ただ、その分、ボディにダメージを与えるミスを犯しますので、要注意ですね。

カバー外し

ファン通気口のそばに隙間がありますので、そこから開腹ツールを入れてください。

ゆっくりと、少しずつ爪を折らないように開けてください。

下記のようにツールをずらすとうまくはずれます。

するとカバーが簡単に外れます。

意外とすんなり外れました。

マザーボード、ファン、バッテリなどが現れます。

バッテリー:PA5098U-1BRS

内部構造

バッテリーを外すと裏面に液晶ユニット型番があります。

このタイプはCMOSが付いています。

メモリはオンボードですね。

中央にSSDのユニット(mSATA)です。

ここがごちゃごちゃしていますが、左からスイッチボード・・・

液晶パネル

SU6E-11H06MU-01C

G83C000D9210

ファンは簡単に交換可能です。

冷却ファン

KIRAのファンに似ていますが、全く違うものです。

G61C0001F210です。wi

ワイヤレスアダプター

wi-fiカードはSSD上部にあります。

wi-fiカードはやや取り難いですね。

カードいにはwi-fiアンテナがついています。

液晶ケーブル

液晶はフラットケーブルになります。

G5B003398000-A

これがwebカメラのケーブルです

キーボード

これがキーボードケーブルになります。

キーボードドックとドッキングするときに使います。

G5B003472000-A

マザーボードはネジを外せば簡単に取り外せます。

今度はwebカメラなどが装着されいるフレームを取り外します。

ウェブカメラ

これに操作盤やwebカメラ、wi-fiアンテナなどが付けられています。

分解修理の場合はこのへんまでだと思います。

タブレット端末のカテゴリーでご購入可能です。

タブレットパーツ類

タイトルとURLをコピーしました