東芝 dynabook SS RX1 シリーズ 分解 HDDフレキケーブルの外し方

パソコン分解

当時のSSシリーズでは画期的なマシンがこのRX1です。

ボディの頑丈さや軽量感など、思い出します。

このモデルで良くあるのがHDDのフレキケーブルが断線することです。

当時、下記の記事にも書きました。

東芝 dynabook SS RX1/RX2/N10/N11 NX76系 HDDフレキケーブルを調べる
最近、HDDフラットケーブル切断の問合せが増えました。 このへんは分解しないと分かりませんが、大まか姉妹機で共通のパーツを使っていますので、意外と部品の調達は便利?と思っていたのですが意外に違うようですね。 と・・そこで続きを読む

倉庫にRX1があったので、懐かしく分解してみました。

スポンサーリンク

分解工程

このモデルはそんなに難しい分解ではありませんが、密集するケーブルをいかに上手に取り外すか?

これが問題だと思います。

バッテリーを外してください。

赤丸箇所のネジを外します。

忘れないように外してください。

側面に1個固定ネジがあります。

PCカード用のフラットケーブルを外してください。

フレキケーブルはマザーボード下に設置されているので、マザーボードを外さないと取外しができない構造になっています。

ファンなかなかメカメカしくて格好良いです。

ケーブル類外した状態でマザーボード設置ネジも外すとこのようにマザーボードが外せます。

フレキケーブルはマザーボード下にありますので、このコネクターを外してください。

この状態でHDDフレキケーブルを断線してしまいます。

以上、比較的分解は簡単な機種です。

dynabook SS RX1の中古部品関係は下記にて販売しています。

ダイナブック部品販売(RX1関連部品)

タイトルとURLをコピーしました