諦めるな!接着剤で付ける!キーボード修理の最終手段!打てば文字が出る!

キーボード交換/修理

スポンサーサイト

ラバードームに直接接着

下記のようにキーボードの土台が壊れてパンタグラフが取付できない場合、修理は不可能なのか?

当然、そうなるとキーボード丸替えになります。

ただ、メーカーでキーボード交換可能な機種や自分でキーボードが入手できる機種であれば良いですが、それができないモデルは修理不能です。

でも、使いたい!

使わなければならない!

そういう場合は諦めず、最終手段もあります。

そう!ダメ元修理=チャレンジリペア

中のセンサーが生きていれば、キーボードは指押しでも良いのです。

でもリズミカルにキー入力できませんので使い難いです。

だったら、昔ながらの修理方法で、接着剤でラバードームとキートップをくっつけりゃあ~いいじゃん!という発想です。

上手く行くか?どこまで持つか?わかりませんが、できます。

この部分をキーボードのラバードーム先端と直接つけるのです。

ラバードームのゴムの先端に瞬間接着剤を塗布して付ける!

詳しくは動画見てください。

以上

スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました