2種類のパンタグラフあり!dynabook S73 SZ73 S3 のキーボード修理方法

キーボード交換/修理

スポンサーサイト

2種類のパンタグラフ

dynabook S3 SZ73 S73シリーズは見た目同じキーボードです。

ただ、当たり前ですが、リリース時期で部品が異なるケースがあるみたいですね。

モデルによってはdynabook U63用のパンタグラフやキートップも利用可能です

ここではS73 SZ73 S3のパンタグラフが2種類あることをお伝えします(下記参照)

キーボードまでが部品扱いですので、それより小さくなると目視しか方法がありません。

パターン1

dynabook S73のパンタグラフがU63やUZ63のパンタグラフと同じケースがあります。

ご自身のパンタグラフをじっくり確認してください。

下記のブルー部分が互換です。

上がU63シリーズ、下がS73シリーズです。

dynabook SZ73の上記ブルー部のパンタグラフ形状が下記です。

動画 YOUTUBE

もう一つのパンタグラフ修理 dynabook S73 SZ73 S3 シリーズ キーボード修理
dynabook S73 SZ73 S3 シリーズで全く同じキーボードで異なったパンタグラフ見つけましたので、修理方法アップします。もう一方は下記です。完全にパンタグラフの形が違いますね。リペア時は注意してください。#dynabook #S73 #SZ73 #S3 #パンタグラフ #キーボード修理

U63シリーズの同場所と同じようです。

同じですから利用可能です。

新品 東芝 dynabook U63 UZ63 UZ53 UX53 シリーズ用 キーボード パンタグラフ単品販売/バラ売り(取付説明書付)
新品 東芝 dynabook U63 UZ63 UZ53 UX53 シリーズ用 キーボード パンタグラフ単品販売/バラ売り(取付説明書付)

パターン2

先日分解していたら、新たに違うパンタグラフに遭遇しました。

これはdynabook S73/DPですが、下記のパンタグラフも存在します。

上記のU63とは異なります。

幅が1.3cmです。

恐らくS73でもリリーズ時期で異なる部材が使われているのでしょう。

動画 YOUTUBE

簡単修理!dynabook S73 SZ73 S3シリーズ キーボード修理 パンタグラフ交換
dynabook S73のキーボードは比較的弱い感じします。タッチ感は良いですが、ハードパンチャーの方が使っていると直ぐにキートップが取れてしまいます。これはハードなパンチングでパンタグラフが緩み外れるケースと、パンタグラフが折れて取れるケースがあります。R63もパンタグラフが弱いですが、それと同様の弱さがある気...

キーボードの製造業者が異なれば、部品も違いますから、要注意ですね。

キーボード交換動画

土台が壊れていたら、キーボード交換で回復可能です。

dynabook S73 SZ73 S3 キーボード交換(多少分解あり)
dynabook S73/DPのキーボードを交換しました。ボトムカバーを外して、キーボード固定ネジを取り、キーボードを交換して終わりなのですが、キーボード中央に粘着テープがガッツリついていますので、これを取るのが一苦労です。この映像は一回外していますので、そんなに苦労はないと思いますが、1回目は結構力が必要でした...
タイトルとURLをコピーしました