dynabook U63 UZ63 UZ53 UX53 シリーズ キーボード交換/取り外し方

キーボード交換/修理

スポンサーリンク

キーボード交換の準備

久しぶりに粘着系キーボードの交換をしました。

これはdynabook R63シリーズ以来ですが、過去dynabook RX1シリーズから始まり、RX3、R731そしてR734まで続いた粘着系キーボードの中でも手ごわいです。

dynabook R73シリーズからはネジ止め固定で安堵したのは良かったですが、ここにきてまたUZ63シリーズではがっつり粘着でセルフメンテナンサーを悩ませています。

これ!疲れますね~。。

取り合えず、取り外し、交換方法アップしておきます。

セルフメンテナンスチャレンジャーの方、参考にしてください。

キーボード取り外し方法

今回は下記のモデルでチェレンジです。

dynabook UZ63/J PUZ63JL-NEB

外観はほぼ新品です。

まず裏カバーのネジを外します。

このモデルは中央のコム足の下にネジ止めがありますので、注意してください。

取ります。

ほら!これ

それが取れたら外れます。

マザーボードと対面

後は赤矢のネジを外し、バッテリー、マザー。冷却ファンを外します。

ただ、バッテリー、マザーを取らなくても青丸のケーブルロックを解除してあげるだけでキーボードは外れますので、そこは任意で大丈夫です。

私は構造を知りたかったので外しました。

マザーを外すために→のケーブルを抜きます。

下記のケーブルロックはON/OFFありませんので、そのまま抜いてください。

付ける時もそのまま入れます。

ブルーの硬化フィルムがロックの代わりをします。

セルフの注意点

コネクター映像サポート(こんな感じかな)

スピーカーのケーブルも外します。

忘れないように外します。

キーボード取外しのポイント

念のため液晶に保護緩衝剤を付けてください。

裏側でテープ止めします。

こんな感じ

キーボード取外し実施

キーボードの隙間に開腹ツールを入れて緩みを付けます。

四方向を確認してください。

私は右端の上(下記場所)がスタートポイントにしました。

下記のように簡単にいきませんが、根気よくすればダメージなく外れます。

状況を同時撮影した映像がありますので、参考にして下しい

動画を参考にチャレンジ

YOUTUBE(映像)

こんな感じで外れます。

綺麗に外れました。

結構な粘着力です。

キーボード型番:G83C000J85JP モデル:TBM16N50J0-356

新しいキーボードに交換して電源入れて終わりです。

dynabook UZ63シリーズパーツ探し

再生部品、バルク部品を販売していますので、修理の場合は是非ご覧ください。

dynabook U63 UZ63 UZ53 UX53 パーツ - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(東芝パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました