キーボード交換/修理 東芝Satellite B450 B451 B452 B550 B551 B552 L35 L36 BX/33 L47など

キーボード交換

スポンサーリンク

キーボードのメンテナンス

サテライト Satellite B450/B451/B452/B550/B551/B552や旧モデルのSatellite L35/L36などはビジネスモデルとして企業導入が最も多い機種です。

この機種のキーボードは互換も含めれば3種類あります。

前期型のL35.L36で多く使われている「G83C000AQ2JP」、B450以降で使われている「G83C000AR2JP」そしてレビジョンアップされた「G83C000AR3JP」です。

キーボードを取り外す過程はどのキーボードでも同じになります。

このモデルは日本がデフレスパイラルに入ったときの廉価版モデルでもあり、東芝のビジネスパソコンが価格の東芝と言われた時に大量に市場に投入された機種でもあります。

しかし、こういう機種でもきちんとメンテナンスして使えば、かなり長く使える機種でもあるのです。

ファンの構造を診ても冷却機能が充分であり、環境さえ良ければ恐らく非常に長持ちする機種だと思います。

キーボードの不具合

良い機種でも弱点があります。

このシリーズはキーボードが弱いです。

このキーボードはゴミやホッチキスが溜まり易い構造になっていますので、定期的にキートップやパンタグラフをメンテナンスした方が良いです。

キーボードのリペアには2種類あり、一つはキーボードユニット全体を交換する方法と、もう一つはキートップやパンタグラフを交換する方法です。

参考:dynabook Satellite B450 B(Windows(R)7搭載)
型番:PB450BJBBR5A31

キーボードユニットを交換方法

b450_1

写真のように精密機械ドライバーでキーボードベゼルの右側面から写真のように隙間をあけます。

b450_2

ある程度開いたら手で開けます。

b450_3

ベゼルが取れます。

b450_4

キーボード固定ねじを外します。

b450_5

ねじを外し、キーボードを取りますが、ここで注意です。
両側に爪があり、そこでキーボードを固定していますので、それをうまく外してください。

b450_6

G83C000AR2JP 110103000269M MP-06870J0-3564

完全互換はG83C000AR3JP です。それ以外のG83C000QR3JPなどは恐らくキータッチ構造にやや問題があると思います(キートップが直ぐ外れます)

b450_7

キーボードの下は直接基板ですので、水分が入ったら厳しいです。

b450_8

生産時はG83C000AR2JPですが、後継のキーボードがリリースされています。

キートップなどの交換方法

キーボード交換以外の修理方法は下記があります。参考にしてください。

動画あり!東芝 Satellite L35 L36 B450 B451 B452 B550 B551 B552 L40シリーズなど キーボード パンタグラフ 修理

文字消えを補修

文字が消えただけなら補修シールを使いましょう!

古い機種ですので、そんなにコストかけずに賢くメンテナンスです。

東芝 dynabook Satellite キーボード補修シール(ブラック/ホワイト)
東芝 dynabook Satellite キーボード補修シール(ブラック/ホワイト)

dynabookの部品を探す

東芝のノートパソコン(dynabook Satellite系)の修理部品などを販売しています。
パソコンは自分自身でメンテナンスしていくことで必ず愛着がでてくるものです。
そうすると大きなトラブルが少なくなり、より安定したパソコンライフを楽しむことが可能です。
旧機種、新機種、新品バルク、中古、純正パーツなどを取り揃えていますので、興味のある方は是非ご覧ください。
パソコンDIY セルフメンテナンスを是非楽しんでください。

部品販売(G83C000AR3JP)

タイトルとURLをコピーしました