(キーボード修理)シリコンクッションの修理手順

キーボード交換/修理

キーボードのキー1個が故障した際、中央のゴムが無くなるケースもあります。
このゴム?意外と重要なのです。

キートップ(カバー)を跳ね返すためのバネなので、これが無ければキーは打てません。

スポンサーリンク

シリコンクッションの修理手順

dynabook B35 B45 B55 B65シリーズで説明します。

 

 

ダイナショップでは枠と一緒に販売していますのでカッターナイフでシリコンクッションの部分のみ切り取ります。

ボンドなどで貼り付けて下さい。

部品の購入

dynabook B35 B45 B55 B65シリーズのシリコンクッションは以下で販売しています。

再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55 B65 用 キーボード シリコンクッション 単品販売
再生部品 東芝 Satellite B35 dynabook B45 B55 B65 用 キーボード シリコンクッション 単品販売

慣れていない方は失敗する事が多いです。数十円程度の部品ですので、多少予備でご購入をおすすめします。

クッション取付を動画で見る

続けてパンタグラフを取付する(動画)

 

 

タイトルとURLをコピーしました