東芝 dynabook Satellite B25 B35 B45 B55 B65 パンタグラフ キーボード修理

キーボード交換/修理

スポンサーリンク

キートップが外れてしまう現象

長くキーボードを使っていると突然キーが外れたりして、キーが打てなくなることがあります。

多くの場合、パンタグラフの爪が折れてキートップが外れてしまっています。

(キーの部品の名前などについてはこちらの記事をご参照下さい)

ノートPCのキーボード1つだけ故障した時に自分で修理する方法(基礎知識編)2020.06
キーボードの部品の説明と症状別にどこが壊れているかを説明します。

この場合、王道はキーボード丸ごと交換なのですが、キー1つだけを交換する方法もあります。

諦めずにセルフメンテナンスを実施しましょう。

(参考)
R35 B35 丸ごとキーボードを交換する

キートップの爪破損

「キーがはずれた”」という場合、最も多いのが「キートップの爪折れ」です。

下の写真を見てください。矢印の爪が何らかの原因で折れています。

プラスチックですから、強度に耐えかねて折れる事はあるのです。

キートップ/パンタグラフを購入する

一部の機種になりますが、キートップは下記サイトより購入可能です。

キートップ

キートップ - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。

パンタグラフ

パンタグラフ - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(パソコンDIY専門店)
東芝ノートパソコン部品工房のダイナショップをご覧頂きありがとうございます。東芝ノートパソコンを中心に部品を海外からバルク品を調達して販売しています。できる限り同機種により動作確認を行い出品しています。初期不良等あれば返品、返金で対応していますので、安心してご利用ください。

キートップの付け方

キートップの固定は下記のような感じで各々の場所が固定されます。

赤矢印の頭の部分に最初の爪を掛けてから全体を押し込む感じです。

このように上から引っかけるイメージです。

爪が掛かったら残りもはめ込みます。カチッと言うのが目安です。

きちんと取り付けられたら、元通りキーが打てるようになります。

パンタグラフの破損

パンタグラフは下の写真のように爪が何らかの原因で折れてしまう事が多いです。

この場合、パンタグラフを新しい物と交換すれば直ります。

パンタグラフの取り付け方

パンタグラフを調達。。。どこで?

私はB35の壊れたキーボードが倉庫にありましたので、それから外しました。

下記のバナーにもこのシリーズのパンタグラフであれば売っていますので、ご利用ください。

参考
パンタグラフの裏と表(下記の方向に付けてください)

部品自体は生きているので、それに設置します。

あわや!爪折れ!

下記のように折らないように。。

正しい方法を動画で確認

dynabook R634 R63シリーズの場合(モバイルPC)

dynabook B35 B45 B55 B65の場合(ビジネスモデル)

dynabookのリペア部品を探す

ダイナブック、サテライト系の部品は下記バナーからご覧頂けます。

興味のある方は是非ご覧ください。

部品販売(B35 B45 B55 B65 パンタグラフ販売)

タイトルとURLをコピーしました