パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook T552/36HBマザーボード交換動画(YOUTUBE版)

      2017/02/06

分解をYOUTUBEにアップする

dynabook T552のマザーボード不良の場合、自分で修理しようとしたらどうせればよいか?

やはり、ジャンクのBX/35を引っ張ってきて移植するという方法もあります。

dt552

私の場合、朝早く起きて会社に出る前にPCのメンテナンスをします。

頭がすっきりしている時間が良いからです。

約20分~30分・・・テレビ東京の「モーニングサテライト(5:45~)」をみて頭の体操をした後に一発分解するのです。

これで一挙に加速するから仕事がはかどります。

復活しなかったらその日は仕事で躓きっぱなしです(笑)。。

ビジネスとは全て気分次第と思いますので、やる気さえあれば何だってできるのではないでしょうか?

だから、壊れたものは必ず復活できると思っています。

と言うことで何を考えたか、近くにあったハンディーカムを持ってきてビデオに撮影しました。

dynabook T552 Satellite B252 dynabook BX/35は意外とメンテナンスし易い機種です。

起動しなくなったdynabook T552 を分解し、Celeronのdynabook BX/35のマザーボードを移植したら普通に動きました。

尚、BX/35の分解は下記にあります。

http://dynabook.biz/reduce_pc/4667/

(同じ型番のマザーボード:25Qb4FVSIG)

つまり、dynabook T552を自身で修理しようとする場合は同型のパソコンのマザーボードを抜き取り、移植するという方法もあります。

プラモデル感覚でパソコンを修理するという楽しさもありますので、自己責任でやってみてください。

スポンサーリンク


メンテナンス映像


下記はdynabook T552 の関連情報です。

まとめ
東芝 dynabook T552 徹底解剖

では、また!

 - パソコン分解 , ,