パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

(動画あり)東芝 windows10モデル dynabook R73/D リカバリー手順 F12起動

      2017/10/18

モデル:dynabook R73 D(PR73DBAA4R7QD11)

東芝パソコンもテクノロジーの進化でリカバリーのやり方が少しずつ変わってきています。

昔は「0」ブートでリカバリー「警告!」の画面が出ていましたが、最近はスムーズになりません(笑)

そこで今回は2017年8月現在のOS(windows10Pro Creators Update 適用済)でのリカバリー方法を説明しておきます。

参考にしてください。

スポンサーリンク


リカバリー方法

先ず最初に「SHIFTキー+シャットダウン」で電源を落としてください。(完全シャットダウン)

電源ON→「F12キー押下(または連打)」→dynabookロゴが出たら離す

HDD Recoveryを選びます。

YES

dynabook ロゴが出ます。

「オプションの選択」のガイダンスがあります。

トラブルシューティングを選んでください。

TOSHIBA Maintenance Utility を選びます。

TOSHIBA Recovery Wizerdを選んでください。

ここからは良くみる画面と思います。「はい」

中のデータが全て消えるというメッセージです。「次へ」

復元作業が始まります。

これが終われば初期設定から始まります。

動画サポート

同じ法人モデルのdynabook B55/B になりますが、この映像は「このPCを初期状態にする」から実施しています。

モデルによって多少異なりますが、参考になればご覧ください。

 - リカバリー ,