パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 Satellite B252/F メモリ増設の方法 

      2018/05/16

東芝のスタンダードPCに関してはメモリ増設が容易です。

ただ、今回のSatellite B252/Fのメモリ増設は少し戸惑いました。

裏面を見ても分かるように、やたら開閉カバーが大きいのです。

スポンサーリンク


増設作業

1つのネジでここまで開く?のかな?など、感じました。

写真のように1つネジがありますので、それを緩めます。

1

バッテリーのロックを外し、バッテリーを取ります。

2

カバーが外れますが、全部が外れます。最初はちょっと硬いかもしれません。

ここで本当に外れるのかな?割れないかな?など、若干心配になりました。

3

メモリを増設しますが、ここでもなかなかメモリのソケットにロックできませんでした。

ちょっと強めにメモリを入れ、「カチッ」となりますので、それからロックしてください。

ここでスムーズに入らなかったので、何度もマニュアルをみました。

4

カチッというまで入れてください。

5

写真を見ても分かるように、メモリスロットの横にHDDがあります。

HDDを換装、交換したい場合は同じ方法でやってください。

因みにメモリはPC3-12800が入っていました。仕様はPC3-10600です。

併用も可能ですが、デュアルチャンネル対応なので、できれば、それ用のメモリを付けた方が良いです.

PC3L-12800は低電圧用のメモリモジュールですので、適合可能です。

ダイナブック部品販売(増設メモリ)

 

 - メモリ増設