パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 ダイナブック ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる方法

      2016/12/03

バッテリー発火問題確認ください。
http://dynabook.biz/trouble_hard/9316/

DSC_0048

私の所有するdynabookSS1600は必ず外出する時に持っていきます。

当然、バッテリーはフル充電(満充電)です。

外出する事が多くなると、バッテリーの持続時間というものは非常に気になるものです。

先日、独自ルートでバッテリーパックの新品(PABAS045)を入手しました。早速、フル充電し、モバイルで使用しました。

流石新品は長持ちします。

ただ、3ヵ月後、ふと気付くと、何だか持続時間が短くなったような気がしました。

ネットや雑誌等でいろいろ調べてみると、意外なことに気づきました。

ノートパソコンのバッテリーの使い方に大きく誤りがあったのです。

バッテリーの寿命は環境に大きく影響することです。

スポンサーリンク


寿命を速めるのは?

①保管場所の温度に影響(15度前後が最適 湿度が低い)
②熱がバッテリーを劣化(高熱がガス化させる)
②フル充電(100%)は良くない

ということを知りました。

リチウムイオンバッテリーの場合

まず、季節が夏の場合を考えてみましょう。

普段の何気ない生活が意外とバッテリーを劣化させています。

では、室内で考えてみます。

室内にエアコンが入っていても、本体にバッテリーが装着している時はCPUの熱などでバッテリーの温度は40~50度程度にはなります。

その為、ノート用の増設クーラーかアイスノンなどで、本体を冷却しなければ、バッテリーはどんどん劣化していきます。

また、ノートPCは外出先でAC電源を外して使用しますが、自宅ではAC電源に付け、使用しているのが一般的です。

充電する気が無くてもついつい電源コードを差しっぱなしにしてしまっています。

これは大半の皆さん同じと思います。

bat_02

※イメージ機種:SatelliteB35/R

どこの会社でも、どこの自宅でも、電源コードはコンセントにさしっ放しと思います。

会社の据え置きのノートパソコンであれば、電源をコンセントに挿しっぱなしで帰り、それを抜くことはないでしょう。

ましてや、バッテリーを外すことなど無いと思います。

これがバッテリーの寿命を早めている直接的な原因です。

バッテリーの充電容量は常に80%がベストということを覚えておいてください。

なぜ?バッテリーを外すか?

bately

バッテリーは熱に弱いです。

熱で消耗します。

AC電源アダプターを挿しっぱなしで帰ると、常に電源は供給されている状態です。

使う時は尚更バッテリーに電源が供給されます。

電流が流れるということは必ず「熱」を発生させます。

これがあまり良くありません。

良い例にパソコンショップの展示機がバッテリーを外していると思います。

商品ですので、消耗を避ける為、外しているということです。

バッテリーの寿命を長持ちさせる方法

据え置きのノートパソコンはバッテリーを抜いて(外して)使用してください。

bat_01

そして、時々、充電して使ってください。

尚、バッテリーを使わない時に保管すときは50%を目処に充電してください。

保管中も自然放電しますので、6ヶ月に1回程度は再び50%程度充電して保管すれば、長く使っていけます。

これは本当です。

 - バッテリー型番