2代目 dynabook G83/HS G9/V G8/U G8/P G6/U G6/P GZ/HV キーボード交換

キーボード交換/修理

キーボード型番:G83C000LB5JP

スポンサーサイト

キーボード交換

今回の機種はdynabook G83/HS の2代目G83シリーズです。

共通機種としてはdynabook G9/V G8/U G8/P G6/U G6/P GZ/HV シリーズがあります。

そして、このG83は良く間違える方がいますが、2種類あります。

初代G83と2代目G83です。非常に似ています。

今回のモデルは2代目の方で、特徴は左に電源スイッチがあるものです。それを2代目G83とブログの中で私が言っているだけです。

ちなみに初代G83は右側に電源スイッチがあります。

↓今回はこっち側です

交換手順

裏ネジを外します。

コネクターを外し、2ヶ所のネジを外します(普通のネジ+ドライバーで良いです)

コネクターの外し方は下記を参照ください。

赤丸のネジ、コネクターを外します。

青丸はマザーボードの固定ネジです。

そうするとマザーボードが外れます。

マザーボードが外れるとその下はインスレーター?(絶縁シート)見えます。

これです。

大名武久
大名武久

裏面が金属製のキーボードであれば、必ず絶縁シートがフィルムが必要です。間違いなくマザーボードがショートして逝ってしまいますので注意してください。

これが無かったらマザーボードが下の金属(キーボード)と触ってショートしますので、キーボード交換したら忘れずに入れてください。

破いて、敷くことができない方は絶縁シートもしくはフィルムを付けてマザーボードと絶縁してください。

その下にキーボードのネジがあります。これが何個ですかね?50個近くあると思います。

そうするとキーボードが外れます。

新しいキーボードを付けて、その逆をして、起動して、入力チェックしてください。

動画

動画作っていますので、参考になればご覧ください。

以上
スポンサーサイト

タイトルとURLをコピーしました