パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 パソコン dynabook AX/55Aの分解・解体(PAAX55ALVK)

      2016/07/29

dynabook AX分解

ax

先日、ヤフオクを見ていたら、程度が良いジャンクがありましたので、気晴らしに落札しました。

時間があったので、また分解してみようと思います。

このAXに関しては全く知らないので、どのような構造になっているか?調べてみましょう。

起動不可、HDD無、ドライブ無、ACアダプター無、その他付属品無、液晶割れ無の出品です。

ジャンクですので、「質問」と「経験」でその商品の状況を判断しました。恐らく液晶は使えると思いましたので、落札です。(10,500円)

この型番(PAAX55ALVK)はショップモデルと思います。

ダイナブックサイトではPAAX55ALVという型番ですので、「K」ということはコジマデンキモデルだと?思います。

まだまだ使えそうなんですが、メイン基盤が故障しているような気がします。

スポンサーリンク


分解工程

この機種特有の「起動不可」のようです。このシリーズは突然電源が入らなくなるトラブルがありますが、基板の問題と思います。

ax55_1

先日、ヤフオクでジャンク(通電不可)を入手しました。内部の部品にどのようなものが使われているか?調べてみたいと思います。

ax55_2

CeleronMのきれいなジャンクです。

ax55_3

無線モデルのAXです。OSはビスタです。

ax55_4

まず、キーボードをはずします。スピーカーカバーを写真のように外します。

ax55_5

このネジは関係ないと思いますが、とりあえず外します。

ax55_6

液晶のフレームをはずします。

ax55_7

ネジを外せば簡単に外れます。

ax55_8

フレームが外れた状態です。AX/55Aの液晶は「高色純度、高輝度 Clear SuperView液晶 1,280×800ドット」という非常に良い液晶です。その為、「2灯式、高輝度490cd/m2」です。インバータも通常とは異なります。(インバーター写真参照)

ax55_9

ここまでなるとスピーカーカバーは簡単に外せます。

ax55_10

キーボードも簡単に外せます。

ax55_11

型番:NSK-T4C2J

ax55_12

バッテリー型番:PABAS067 同型機種はこちらを参照ください。

ax55_13

インバーターは2灯式です。

ax55_14

今度はパネルを外します。両サイドのネジを外します。

ax55_15

パネルが取れました。型番:LTN154X9-L02 液晶はTX/67CやTX/66Gなどで使われている「2灯式」のClearFine液晶です。

ax55_16

メモリはこの場所にあります。

ax55_17

無線のアンテナケーブルを外します。

ax55_18

型番等は左記のようになります。

ax55_19

これもです。

ax55_20

関係するネジを外せば本体ベゼルが取れます。本体をバラすとマザーボードが現れます。to be contiune

補足

tft

(補足)液晶パネルはサテライトT31のマザーボードにつなげると、きれいに表示されました。

 - パソコン分解