パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook T642/T6HB キーボード交換

      2018/08/14

スタイリッシュな14型のdynabook T642のキーボード交換をします。

このモデルはタッチパネル搭載の14型ノートPCです。

ノートパソコンにタッチパネル?と思われるかもしれませんが、小型モバイルの場合は非常に便利です。

ネットサーフィンやショッピングなどの場合のマウス操作より、タッチ操作の方がスムーズに進みます。

そのdynabook T642ですが、キーボード交換の工具は開腹ツールだけの場合とマインナスドライバーとプラスドライバーを使う場合の2つあります。

交換される方は参考にしてください。

(同型機種)
dynabook T642/T8HW(PT642T8HBMW)
dynabook T642/T8HB(PT642T8HBMB)
dynabook T642/T6HW(PT642T6HSMW)

スポンサーリンク


キーボード交換作業

dynabook T642のキーボード交換方法は大きく分けて2つの方法があります。

慣れた方用と慣れてない方用の方法を掲載しています。

ボディに傷をつけるリスクを負いたくない場合は「慣れてない方」で進んでください。

方法1:慣れた方用(専用工具使用)

dynabook T642/T6HB(PT642T6HSMB)

この方法はボディに傷をつけるリスクがありますので、慣れていない方は「慣れていない方用(分解)」の方法で取外しください。

赤印の箇所上部、下部でロックされています。

こういう場合は開腹ツールを使います。

隙間に入れてえぐります。

ロックが解除されます。

少しずつ外してください。

今度は左側を解除していきます。

えぐってください。

開腹ツールで外します。

爪の部分を解除します

このような爪で止められています。

キーボードが外れます。

フラットケーブルだけ繋がっています。

矢印の方向へロックを解除します。

ロック解除

キーボード下部はこのようになっています。

上部は6点の爪があります。上部の爪は深いです。

下部も6点の爪があります。下部の爪は浅いです

取付はフラットケーブルを付けて、爪を止めれば終わりです。

上記をした場合、ボディに傷をつける場合がありますので、傷を絶対に付けない方法は下記になります。

下記は裏面カバーを外して、CPUファンを外すので、若干時間を要します。

ただ、確実だと思います。

方法2:慣れてない方用(分解)

本体裏面のカバーを外します。外し方は下記を参考にしてください。

ファンまで外すと下記のようになります。

赤丸を押すとキーボードのサイドが外れます。

赤丸部分にキーボードを固定している爪が見えます。

それをマイナスドライバーか何かでえぐってロックを解除してください。

詳しくは動画で説明しています。

部品販売サイト

新品、中古部品に関しては下記のバナーよりご覧いただけます。

興味がある方は是非ご覧ください。

部品販売(MP-11B20J06G503W)

 - キーボード交換