東芝 dynabook R63 R634 KIRAなどの内蔵SSD(mSATA)を1.8インチ外付けHDDとして再利用する

商品紹介

スポンサーリンク

容量の少ないSSDを再利用

dynabook シリーズのモバイル機器(R63系、R634系、R73 SSDモデル、KIRAシリーズ)などは記憶媒体にmSATAのSSDを利用しています。

この1.8インチ型のSSDはスピード、軽さ、コンパクト感では非常に素晴らしいものがあります。

ただ、容量としてはやや少なめなので、128GBから256GBに換装する方が多く、どうしても換装後の128GBのSSDがが余ってしまいます。

ヤフオクなどで売れる人は良いですが、できない人は再利用でモバイルディスクにすると効果抜群です。

SSDですので、アクセスも早いし軽いし、何より小型ですので、持ち運びに便利です。

今回はその小型のものを生かし、従来の2.5インチケースとは違い、1.8インチのケースで紹介します。

参考:外付けケース型

従来はこのように2.5インチを紹介していました。

今回は1.8インチです。

SSDをアダプターに取付てみた

USB型のmSATAアダプターを用意します。

外したSSDを下記のように付けます

ネジ止めしてください。

こんな感じになります。

準備した起動するパソコン(dynabook G83シリーズ)を準備します。

差し込むとLEDが点滅します。

認識しました。SSDは生きています。

SSDとして認識して、128GBの外付けモバイルディスクになります。

dynabook部品サイト

再生部品販売をしていますので、下記で必要なものをお探しください。

部品販売

タイトルとURLをコピーしました