パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy PC Life dynabook

ダイナブック ブログ!大名武久のリペアライフブログです。

*

-->

dynabook U63 UZ63 UZ53 UX53 シリーズ メモリの増設

   

メモリの増設は慣れている方であれば簡単ですが、慣れていない方にとってはちょっと自信が無いみたいです。

まずはメモリの仕様がどうなっているか?

dynabook UZ63の場合は「・・・/J 」とか、/Mとか、リリース時期によって仕様も異なります。

ですから、単純にUZ63でこのページがヒットしたのであれば、それから先は確認してみた方が良いと思います。

例えば、dynabook UZ63/Jであれば、それをそのまま検索ボックスに入れてググります。

スポンサーリンク


メモリの仕様

グーグル先生で検索します。

東芝ダイレクト(もう、東芝ではありませんが。。)のページにアクセスすると下記がでます。

ハードウェアの仕様を確認すると次のページの右下に下記のような仕様が書いてあります。

下記のような説明があります。

メモリはPC4-19200を増設

メモリの仕様が分かればそれを買えば良いだけです。

dynabook UZ63/J PUZ63JL-NEB

まず裏カバーのネジを外します。

このモデルは中央のコム足の下にネジ止めがありますので、注意してください。

取ります。

ほら!これ

それが取れたら外れます。

赤印の場所がメモリのスロットです。初期で8GBが1枚入っていますので、増設スロットに8GB入れれば16GBになります。

これが実装されているサムスンのメモリ8GBです PC4-19200(DDR4-2400)

同メーカー、同仕様のメモリを装着した方が良いです。(デュアルまでは要求しません)

これもサムスンのPC4-19200(DDR4-2400)です。

カチッと言う感触まで奥に入れてください。

ロックします。

確かに16GBで認識されています。

SSDで16GBあればかなりのパフォーマンスが期待できますので、ノート1台で事足りると思います。

 - メモリ増設