ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

簡単にデータバックアップ!ファイルやフォルダーをタイマーで外付けHDDにコピーするやり方

   

タイマーで大切なデータを保管

backup

パソコンは突然壊れます。

予兆があれば、それは運が良いと考えるのが自然かもしれません。

パソコンが壊れても、データさえ無事であれば、どうにでもなります。

日頃からデータをバックアップする癖をつけて入れば良いですが、真面目にバックアップを取っている人はそんなに多くはありません。

だからこそ、自動(タイマー)でバックアップを取る仕組みを考えるのが適切と思います。

ここでは市販されているバックアップ(システムをイメージ)の考え方ではなく、単純にパソコンのフォルダーもしくはファイルを外付けにバックアップする仕組みを説明します。

OSの環境などをバックアップするのも良いですが、エクセル、ワード等はデータさえあれば、どのパソコンでも使えますので、そういう方たちの為かもしれません。

スポンサーリンク


用意するもの

USBのHDD(コンパクトサイズなど)

利用するソフト(DiskMirroringTool(64bit版))
http://debugx.net/BugSoft.aspx?Soft=DMTU

※上記ソフトのwindows7 64bit版をダウンロードしてください。

hdd

設定方法

手順は2ステップです。

DiskMirroringTool(64bit版)を設定して、windowsのタスクスケジューラーを動かすだけです。

非常に簡単です。

DiskMirroringToolの設定

まず、上記のDiskMirroringTool(64bit版)を適当なフォルダーにダウンロードしたら解凍し、exeファイルを起動します。

↓「追加」を指定して、新しいプロジェクトを開きます。

マスター側(コピー元)とバックアップ側のフォルダーを指定します。

マスター側:自分のパソコンのどのフォルダーをバックアップするか?

バックアップ側:USBの外付けHDDのこと

右にある[…]でフォルダまで辿って設定してください。

disk_1

上記が終わるとミラーリング(常にバックアップする側とした先のデータを同じにしておく)するか?をここで設定します。

disk_2

このページの設定は任意です。私は何もしていません。

ただ、文字化けや変なデータがコピーされるとストップするので、その場合はここで除外します。

disk_3

ここはログを作るか?否かです。

disk_4

windows タスクの設定

上記で設定したバックアップの仕組みを手動ではなく、スケジューラーで動かすだけです。

windows7/8/8.1/10はどれもスタートボタンを右クリックして

「コントロールパネル」→「管理ツール」→「コンピュータの管理」で下記画面がでます。

タスクスケジューラーを右クリックして、タスクの作成を選びます。

d2-2

タスクの「名前」に定期バックアップと入れてください。

d3

トリガー(開始タイミング)を新規作成で作ります。

d4

「毎日」にチェックを入れ、開始(S)に時間を入れてください。

d5

操作の中で先ほど設定したDISKMILLERINGツールを使います。新規作成で設定します。

d6-1

①は先ほど設定したDiskMirroringTool.exeの保存場所まで辿ってそのパスを設定してください。

②は引数 -auto -icon と入れてください。

実行されるとアイコン(-icon)になります。入れなければ時間になるとDiskMirroringToolの画面が立ち上がります。

para

ここは何も設定しません。

d7

ここも何も設定しません。

d8

設定完了です。

後は時間になったら、外付けのHDDに指定したフォルダまたはファイルがコピーされているか?確認してください。

d9

時間になると毎日バックアップしますので、便利です。

時間のほかにログオンした時や操作していない時間など、トリガーはいろいろありますので、自分にあったバックアップ方法を選んでください。

 - ユーティリティ ,