パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 dynabook R634/L 冷却ファン交換(取り外し)

      2017/07/09

モバイル系ダイナブックは放熱し難い構造になっていますので、処理が重くなるとファンが高速で回り始めます。

その状態でファンが正常に動いてなければ、プロセッサーに熱が溜まり処理のパフォーマンスが極端に低下する自体に陥ります。

どのメーカーも薄型モバイルは同じ構造なのて、最近は熱を出さないプロセッサーを使うように進化してきているみたいです。

ただ、そうは言ってもモバイルの場合はファンが命なので、調子が悪ければ正常なものと交換してください。

ここではdynabook R634のファンの外し方を紹介します。

スポンサーリンク


冷却ファン取り外し

ドライバーと精密機械用ドライバー極細マイナスドライバーがあれば良いです。

後部のゴム足を取ります。

※注意
ゴム足を取って終わった後にそのまま取り付けてもシールの粘着力が弱まっています。そうするとカバンの出し入れの時にゴム足が取れて確実に紛失すると思いますので、一旦外したらその後は両面テープなどで粘着の補強をお願いします。

もしゴム足を紛失したら下記で購入可能です。
http://www.geocities.jp/neko_no_pc/toshiba_kei.html

その下のネジを外します。

赤丸のネジを外してください。

これが冷却ファンになります。

赤丸のネジを外します。

コネクターを取ります。

部品型番:G61C0001P210

元に戻して正常に起動します。

取り替えができない場合は裏面のファンの場所をエアーて清掃するだけでも全然違います。

 - 冷却ファン型番