この時期は不要不急の外出はしない!そんな時はdynabook R63/DNを買って楽しむ!

商品紹介 比較

スポンサーリンク

dynabook R63/DN

dynabook R63シリーズは数年間続いているロングセラーの機種です。

このシリーズあR634から始まり、R63/A、R63/B、R63/D、R63/E、R63/F、R63/G、R63/H、R63/J、R63/M、R63/P、R63/T、R63/U、R63/W、R63/Yそして、R63/DNです(順不同)

変わらないフォルム

やっぱり新しいのは良いですね。

きれいです。手垢もなければ傷もない!

ヒンジも今までのシリーズと変わらないです

キーボードのタッチ感も変わらないので、取れやすいのですか?

 

 

R63/Dと比較

手持ちのR63/Dがあるので、比較してみます。

外観はほぼ変わらないです。

裏面で気が付きました。

なんと!ゴム足が違います。突起がありますね。

ゴム足は同種類のものが長い歴史で使われていましたが、DNは違うみたいですね。

不思議なこと

さて、ちょっと不思議なことがありました。

dynabook R63/DNは既に東芝から離脱したDynabook社(シャープ傘下)に変わったはずなのに、TOSHIBAのロゴのフレームが使われています。

え~。。

これは何かの間違いだと思います。

全てTOSHIBAブロンドは消えていて、使ったらいけないと聞いていました。

では、倉庫に残った在庫モデルだったのか?

違います。

既に箱はDynabook社の名阪ですので、新しいものです。

恐らく、在庫の部品を使ったのでしょう。

ということは、今までの部品と変わらないことなのでしょうね。

以上

タイトルとURLをコピーしました