違いを検証!dynabook R63/DN(R63/M)と今までのR63シリーズ

商品紹介比較

スポンサーサイト

dynabook R63/DN

dynabook R63シリーズは数年間続いているロングセラーの機種です。

このシリーズあR634から始まり、R63/A、R63/B、R63/D、R63/E、R63/F、R63/G、R63/H、R63/J、R63/M、R63/P、R63/T、R63/U、R63/W、R63/Yそして、R63/DNです(順不同)

変わらないフォルム

やっぱり新しいのは良いですね。

きれいです。手垢もなければ傷もない!

ヒンジも今までのシリーズと変わらないです

キーボードのタッチ感も変わらないので、取れやすいのですか?

R63/DNと従来のR63/Dとの比較

手持ちのdynabook R63/Dがあるので、それとR63/DNをちょっとだけ比較してみます。

外観はほぼ変わらないですね。

ゴム足

裏面で気が付きました。

なんと!ゴム足が違います。R63/DNの方に突起がありますね。※R63/Mも同様と思います。

ゴム足は同種類のものが長い歴史で使われていましたが、DNは違うみたいですね。

ちなみにdynabook R63/Mもこの突起型のゴム足のようです。

ただ、ゴム足は擦れてしまうので、しばらくするとR63/Dと同じになると思いますよ。

不思議なこと

さて、ちょっと不思議なことがありました。

dynabook R63/DNは既に東芝から離脱したDynabook社(シャープ傘下)に変わったはずなのに、TOSHIBAのロゴのフレームが使われています。

え~。。

これは何かの間違いだと思います。

全てTOSHIBAブロンドは消えていて、使ったらいけないと聞いていました。

では、倉庫に残った在庫モデルだったのか?

違います。

既に箱はDynabook社の名阪ですので、新しいものです。

恐らく、在庫の部品を使ったのでしょう。

ということは、今までの部品と変わらないことなのでしょうね。

以上

R63 R634 ゴム足 - 再生部品工房 ダイナショップ福岡本店(dynabook DIY)
dynabook R63 R634 シリーズの左右前後のゴム足を販売しています。取り換えにどうぞ!
タイトルとURLをコピーしました