パソコンライフをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLabo

東芝パソコンの修理の魅力を追求するおもしろサイト!

*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東芝 ノートパソコンをリカバリーしたい方(完全シャットダウン)

      2017/01/26

東芝全機種対応 ドライブ起動しない場合

recov

まず、windows8/8.1 及びwindows10の機種の場合は必ず「完全シャットダウン」を行ってからリカバリー(初期化)作業を行ってください。

※シフト+シャットダウン → 完全シャットダウン

詳しくはこちら
http://dynabook.biz/recovery/4748/

まず、Satellite B35/R やR35/M 等に関わらず、東芝の機種のほとんどは「0」ブート又は「F12」ブートにて初期化作業が行えます。

多少画面が違うかもしれませんが内容はほぼ同じです。

スポンサーリンク


初期化の順番

手順は以下の3点です。

①上記完全シャットダウンを行う

②起動時に「0」または「F12」を連打する

③メニューに従って初期化作業を行う

「0」ブート(起動)と「F12」ブートの違いはハードディスクリカバリーのみの場合は「0」、その他ブートを選びたい場合は「F12」ですので、リカバリーだけであれば「0」で良いです。

「F12」の場合

電源オンした後にF12キーを何回も連打します(またはF12を押下したまま電源を入れ、dynabookロゴが出て手を放してください。)

recov_1

下記のようにブート(起動)メニューがでます。

recov_2

「0」の場合

電源オンした後に0キーを連打します(または0を押下したまま電源を入れ、dynabookロゴが出て手を放してください。)

recov_3

下記のようにHDDリカバリーの開始確認画面がでます。

recov_4

上記表示にならない場合

どんなにF12、0を押しても、上記のような画面にならない場合、ほとんどが「完全シャットダウン処理」されていないというのが原因です。

完全シャットダウンしてからブートしなければリカバリーメニューはでません。

完全シャットダウンができない場合は、一旦バッテリーを抜いてから、再度上記の作業をやって頂くと良い場合があります。

それでもダメであれば、HDDリカバリーエリアが正常な状態ではないかもしれません。

HDDリカバリーエリアに異常?

稀にコピーツールでハードディスクを移動した場合など、上記作業で失敗するケースがあります。

HDDリカバリーエリアが正常にコピーされていないケースです。

その場合のエラーメッセージは下記のようなものがでます。

recov_5

recov_6

中古品やヤフオクなどで購入された方に多いです。

業者もしくは個人の方がHDD移動ツールでOSのみ移動した場合など、HDDリカバリーエリアだけ移動している場合です。

東芝の場合、MBR情報も含めてコピーしなければHDDリカバリーシステムは正常に動きません。

参考にしてください。

2013年製造以前の機種

古い機種になるとダウングレードモデル以外はリカバリーディスクが付いているモデルになり、HDDリカバリーできないタイプもあります。

その場合は下記を参照しながら付属のリカバリーディスクを使ってください。

DVDもしくはCDを使ったリカバリー方法

CD-ROMまたはDVDからリカバリーを行う方法です

予めドライブにリカバリーディスクをセットし「C」キーを押下した状態で電源ONします。

l21_9

下記の写真のような画面(dynabookまたはTOSHIBAロゴ)がでたら「C」を押下した指を離してください

dynabooklogo2

ドライブブートしたら画面が変わってきますので、後はガイダンスに従って進めてください。

recov

 - リカバリー ,